5回巨人1死、左飛に倒れ、厳しい表情でベンチに戻る巨人・坂本勇人=東京ドーム(撮影・金田祐二)

写真拡大

 「巨人−阪神」(16日、東京ドーム)

 巨人・坂本勇人内野手が六回の守備から途中交代した。オレンジ色に染まったスタンドは、大きなどよめきに包まれた。

 坂本勇は五回に左飛に倒れた際、一塁に向かう途中で一時、止まっており、異変が起こったか、もしくはコンディション不良の可能性もある。

 ベンチに下がった坂本勇に代わり、2番に山下航が一塁で入り、岡本が一塁から三塁、山本が三塁から遊撃に回った。主将も務める主軸にアクシデントが起こった可能性もあり、心配なところだ。