4回途中でKOされたソフトバンクのアリエル・ミランダ【画像:パーソル パ・リーグTV】

写真拡大

ソフトバンクは前日の日本ハム戦に敗れて2位転落、マジック消滅

■日本ハム - ソフトバンク(16日・旭川)

 優勝へのマジックが消滅し、2位に転落したソフトバンクが、旭川の地で苦戦を強いられている。16日、旭川市民球場で行われた日本ハム戦。先発のミランダが4回途中でノックアウトされ、3点のリードを背負っている。

 3回に近藤の適時打で日本ハムに先制を許したミランダ。4回には先頭の清宮に中前安打を許すと、清水には左中間スタンドへの2ラン本塁打を浴びてリードを3点に広げられた。

 さらに中島に左前安打を浴びたところで、工藤公康監督はミランダを諦めて連日の継投策に転じて3連投となる嘉弥真をマウンドに送った。ミランダは3回1/3を投げて、8安打3失点でノックアウトとなった。

 打線は2回に2死一、二塁のチャンスを作ったが、内川が投直に倒れて無得点。1、3、4回はいずれも3者凡退に倒れており、日本ハム先発の金子弌大に封じ込められている。(Full-Count編集部)