[ロンドン 14日 ロイター] - ジョンソン英首相は14日夜、自らをコミック作品のキャラクター「超人ハルク」に例え、10月31日に欧州連合(EU)から離脱する決意をあらためて示した。

首相はメール・オン・サンデーのインタビューで、EUと合意できなかった場合は離脱延期を義務付ける法案が議会で最近可決されたことについて、この法律を回避する方法を見つけると強調した。

首相は「ハルクは怒るとますます強くなる」とコミックの登場人物に言及。「ハルクはどんなに強く縛られていても、いつも脱出する。わが国も同じだ。われわれは10月31日に離脱する」と語った。

英国とEUは、アイルランドと英領北アイルランドとの国境管理問題などを巡って、交渉が行き詰っている。それでもジョンソン首相は、16日に予定されている欧州委員会のユンケル委員長との会談を前に「強い自信」を表明した。

首相はインタビューで「北アイルランド国境問題については、非常に良い議論が行われている。大きく進展している」と述べた。詳細には触れなかった。