<阪神3R・新馬戦>悠々抜け出し快勝のレーヌブランシュ(左)(撮影・中村 与志隆)

写真拡大

 阪神3R新馬戦(ダート1800メートル)は3番人気レーヌブランシュ(牝=橋口、父クロフネ)が差し切った。3馬身半差をつける完勝に松山は「勝負どころでも手応え十分。着差以上に強い内容だった」と振り返った。14日の阪神5Rピュアカラーに続き、2日連続で新馬勝ちを決めた橋口師は「距離はこれくらいあった方がいい」と話した。