ラジオ日本賞を制したM・デムーロ騎乗のローズプリンスダム (撮影・西川祐介)

写真拡大

 中山11R・ラジオ日本賞は先手を奪ったローズプリンスダムが逃げ切り勝ち。3歳時のレパードS(17年8月)以来、2年1カ月ぶりの白星を飾った。初騎乗のM・デムーロは「前走で出遅れていたので気合をつけたのが効いたみたい。スタートから行ってくれたし、ずっと一生懸命走っていた。重賞を勝っているし力ありますね」と称賛。畠山師は「最近ズブさが出てきているが、さすが動かせるジョッキー。賞金も加算できたし、出たいレースに出られそう」と笑顔だった。