<中山5R・新馬戦>1着の三浦皇成騎乗のショウナンハレルヤ(撮影・西川祐介)

写真拡大

 中山5R新馬戦(芝1600メートル、牝馬限定)は2番手で折り合った1番人気ショウナンハレルヤ(矢野、父キズナ)が手応え良く抜け出した。三浦は「性格がおっとりしていて道中は折り合いもついた。ゴチャつくのが嫌だったので前で運んだが期待通りの走り。実戦の軽い芝で稽古よりさらに良さが出た。もっと切れそうな感じがある」と将来性を評価した。