<愛チャンピオンS>4着に終わり引き揚げるディアドラ(撮影・平松 さとし)

写真拡大

 愛G1「アイリッシュチャンピオンS」(芝2000メートル)が14日(日本時間15日未明)、レパーズタウン競馬場で行われ、日本調教馬として初めてアイルランドのG1に参戦したディアドラ(牝5=橋田)は4着。英G1ナッソーSに続くG1連勝はならなかった。勝ったのは断然1番人気を背負った地元のマジカル(牝4=A・オブライエン)だった。ディアドラは、まずはニューマーケット調教場に戻り、引き続き調整していく。