イラン外務省がサウジアラビア施設の攻撃めぐる指摘を受け米批判

ざっくり言うと

  • 米国務長官がサウジアラビア施設への攻撃を巡り、イランの責任を指摘した
  • この発言に対し、イラン外務省は「やみくもな嫌疑には意味がない」と批判
  • 発言はイランの評判を損ない、将来の行動に道を開くための言動だと反論した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング