今日はちょっと時間がある、という夜には、粉をこねるところからはじめる餃子づくり。

 粘土遊びのように無心になって楽しめて、意外と簡単。そして、もっちりした皮のおいしさは手づくりならでは。

 「按田餃子」の店主でもある料理家・按田優子さんの餃子レシピをご紹介。皮を手作りしたあと、その皮ごと楽しめる餃子を教えていただきました。

「れんこんと舞茸の水餃子」のレシピ

混ぜるだけの“豆鼓オイル”は簡単万能ダレ。

■材料(10個分)

・皮:20枚
・豆豉のみじん切り、オリーブオイル:各適量


・豚挽き肉:100グラム
・れんこんの粗みじん切り:100グラム
・舞茸のみじん切り:30グラム
・しょうがのすりおろし:小さじ2
・塩:小さじ1/2
・醤油:小さじ2

■つくり方

(1) ボウルに★を入れて練り混ぜる。

(2) 皮に1を1/20量ずつのせ、半分に折ってふちを閉じる。

(3) 鍋にたっぷりの湯を沸かし、2を入れる。浮き上がったら、さらに1分ゆでる。

(4) 湯をきり、器に盛る。豆豉とオリーブオイルを混ぜたタレを添える。

●教えてくれたのは……
按田優子(あんだ ゆうこ)さん

「按田餃子」店主。世界の保存食や発酵食品を研究する料理家。近年はペルーのアマゾンをたびたび訪問している。近著に『食べつなぐレシピ』(家の光協会)がある。

Photographs=Kiichi Fukuda
Styling=Nobuko Nakayama(peddle)
Cooperation=UTUWA