【盛岡・はまぎく賞】転入初戦フィーユブランシェが快勝!

写真拡大 (全2枚)

 14日に、盛岡競馬場で行われた第10R「はまぎく賞」のレース結果と関係者コメントは、下記の通りです。

 14日、盛岡競馬場で行われた10R・はまぎく賞(準重賞・3歳・芝1700m)で7番人気、鈴木祐騎乗、フィーユブランシェ(牝3・岩手・櫻田康二)が快勝した。クビ差の2着にニシノヴォーカル(牡3・岩手・三野宮通)、3着に1番人気のナンヨーミカヅキ(牝3・岩手・櫻田康二)が入った。勝ちタイムは1:48.2(良)。

 2番人気で大坪慎騎乗、マイディアライフ(牡3・岩手・橘友和)は、7着敗退。なお、7番のプッシーウィローは競走中止となっている。

フィーユブランシェ 11戦1勝
(牝3・岩手・櫻田康二)
父:ヴィクトワールピサ
母:ビラゴーティアラ
母父:スターオブコジーン
馬主:サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産者:ビッグレッドファーム

【盛岡・不来方賞】注目馬情報

7番人気の低評価を覆し、まんまと逃げ切り。初勝利をタイトル獲得でゲット!!

■勝利騎手コメント 鈴木祐騎手
 「先生(櫻田康二調教師)の指示が逃げてほしいでしたから、思い切って行きました。ただ、芝1200mをメインに使われていたので1700mが不安。先手を取って自分のペースで逃げたのが良かったと思います。4コーナーで気を抜いて一瞬ヒヤッとしましたが、直線でまた伸びてくれました。岩手所属馬では初タイトルですし、自きゅう舎でも初めてですから、とても嬉しいです」

■勝利調教師コメント 櫻田康二調教師
 「中央で逃げた実績もありましたから、ジョッキーには先に行ってくれと指示を出しました。距離に若干不安がありましたが、盛岡芝も合ったんでしょうね。今回は急ピッチの乗り込みでしたから、もっと伸びしろがあるはず。まずは馬体を回復させてから、次のことを考えたいと思っています」