将棋日本シリーズ JTプロ公式戦の2回戦が9月14日に行われ、渡辺明JT杯覇者(35)が羽生善治九段(48)を118手で下し、連覇に向けて好スタートを切った。

 JT プロ公式戦は、前年優勝者、タイトルホルダー、前年度の賞金ランキング上位者など、選ばれし12人で争われる。いわば棋界の“トップ12”が集うトーナメント戦だ。持ち時間各10分・切れたら1手30秒未満・考慮時間各5分という、数ある公式戦の中でも超早指し棋戦として知られている。

 渡辺JT杯覇者は現在3つのタイトルを保持、通算でも23期のトップ棋士。対する羽生九段もタイトル通算99期と、どちらも将棋ファンであれば名を知らぬ者がいない両者の対局となった。相掛かりの出だしから渡辺JT杯覇者が鋭く羽生陣に攻め込むと、上位脱出し入玉を狙う羽生玉に対して細い攻めをつなぎ、見事な寄せ。2年連続3度目の優勝に向けて、レジェンド棋士に快勝した。

(C)AbemaTV