マーリンズ時代の打撃コーチだったWソックスのメネキーノ・コーチと再会し笑顔のイチロー氏(撮影・小林信行)

写真拡大

 米大リーグ、マリナーズは13〜15日(日本時間14〜16日)に本拠地で開催するホワイトソックス3連戦を「イチロー・ウィークエンド」と銘打ち、3月21日に東京ドームでの開幕第2戦を最後に現役引退を表明したイチロー氏(45)の功績を称えるイベントを実施。シリーズ初戦の13日は第1弾として試合終了後に「イチロー花火ナイト」と題し、花火と名場面映像を融合させた催し物でファンの目を楽しませた。

 イベントは午後11時11分からスタート。場内大型スクリーンに同氏のオリックス時代のプレーや00年のマリナーズ入団会見の様子、さらには01年のメジャー初安打、04年のメジャー年間安打記録更新などの映像のほか、現役最後の試合となった東京ドームで繰り広げられた感動シーンが流された。

 14日は球団に貢献し、大きな功績を残した人物に贈られる「フランチャイズ・アチーブメント・アワード」の授賞式が試合前に行われる。スタントン球団オーナーをはじめとする球団フロント陣のほか、元チームメートらも出席。イチロー氏の英語によるスピーチも予定されている。また、先着2万人の入場者に同氏の特製ボブルヘッド人形が配布される。