5回、大野雄(手前)の前に右飛に倒れる陽川(撮影・高部洋祐)

写真拡大

 「中日−阪神」(14日、ナゴヤドーム)

 阪神打線が中日先発・大野雄の前に、8回まで無安打無得点に抑えられている。

 この日は左腕対策として、オーダーを大幅に入れ替えて臨んだ。福留の休養日でもあり、「3番・三塁」で大山が久々にクリーンアップに復帰。糸原がスタメンを外れ、「5番・遊撃」に北條。「6番・左翼」に陽川を入れるなど、大野攻略に向けて組み替えた。

 だが、初回から凡打の山。前夜、11安打7得点と打線爆発で大勝したが、なかなか攻略の糸口が見つからない。二回は北條、陽川が連続三振に倒れ、四回には木浪、近本の1、2番が連続三振を喫した。

 六回、梅野が三遊間の打球を放った。遊撃・京田の送球も反れ、セーフ(失策)の判定。中日・与田監督のリクエストがあったが、判定通りセーフで完全試合は阻止した。

 それでも続く代打・上本が空振り三振、木浪が遊ゴロに倒れ、無得点。七回は1死から大山が四球で出塁したが、マルテが見逃し三振、代打・糸原が三ゴロに倒れた。球場もざわつき始めた八回は、陽川が右飛に倒れると、高山は一ゴロに。梅野は三遊間に鋭いゴロを放ったが、三塁・高橋の好守に阻まれた。

 ここまでチームとして、まだ1本の安打も記録できていない。阪神は2006年9月16日の中日戦(ナゴヤドーム)でも、山本昌にノーヒットノーランをされている。