6回、左翼線に2点適時打を放つ松山(撮影・西岡正)

写真拡大

 「巨人−広島」(14日、東京ドーム)

 広島が1−3の六回に鈴木誠也外野手と松山竜平外野手の連続タイムリーで3点を奪い、逆転に成功した。

 2死無走者から西川が右前打、菊池涼が四球で出塁し一、二塁。ここで鈴木が4番手・大竹の変化球を右翼線へ運ぶ適時二塁打とし、1点を返した。

 なお2死二、三塁。続く松山は5番手・田口の145キロ直球をはじき返すと、打球は三塁線を破り2者が生還。3試合連続適時打となる逆転打で4番の役割を果たした。