阪神打線を相手に投げ込む大野雄(撮影・田中太一)

写真拡大

 「中日−阪神」(14日、ナゴヤドーム)

 中日先発・大野雄が七回終了までノーヒットノーラン投球を続けている。

 阪神打線はこの日、左腕対策として、オーダーを大幅に入れ替えて臨んだ。福留の休養日でもあり、「3番・三塁」で大山が久々にクリーンアップに復帰。糸原がスタメンを外れ、「5番・遊撃」に北條。「6番・左翼」に陽川を入れるなど、大野攻略に向けて組み替えた。

 しかし、大野雄は五回終了まで完全投球。六回に梅野に遊失で出塁されたが、無安打は継続。七回も四球で大山を歩かせたものの、続くマルテは三振、代打・糸原は三ゴロに打ち取った。

 大野雄は七回を終えた時点で9奪三振。四球も七回に出した1つだけ。