4回巨人無死一塁、右越え2ランを放つ巨人・丸佳浩=東京ドーム(撮影・西岡正)

写真拡大

 「巨人−広島」(14日、東京ドーム)

 巨人の丸佳浩外野手が古巣のカープ相手に逆転の27号2ランを放った。

 鈴木に先制本塁打を浴びた直後の四回、先頭の坂本勇が四球で出塁で打席へ。フルカウントからの7球目。天敵ジョンソンのスライダーを引っ張り右翼席上段へ運んだ。

 12日のDeNA戦以来2試合ぶりの一発。「勇人さんが塁にでてくれて、僕も次にしっかりつなごうという気持ちで打席に入りました。点をとられた後だったので、逆転できて最高のかたちになりましたね!感触もすごいよかった」とコメント。今季は第1打席を終えるまで17打数1安打と苦戦していた左腕を攻略した。