リーグ現役最多タイの通算14勝目を挙げた明大・森下

写真拡大

 「東京六大学野球、明大4−2東大」(14日、神宮球場)

 昨春Vの明大が東大に辛勝で白星スタートを切った。ドラフト1位候補の森下暢仁投手(4年・大分商)が154球を投げ、12回2失点15奪三振の力投でリーグ現役最多タイの通算14勝目。攻撃陣も延長十二回に2点をもぎ取り、粘る相手を振り切った。

 エースとして踏ん張った。四回1死から東大・石元にカットボールを捉えられ、被弾。先制を許したが、「全然。1点だけだったので」と動揺することなく腕を振り続けた。

 2−1の八回にも1失点しながら、九回以降は1人の走者も許さなかった。延長に入ってからもこの日最速の152キロを計測。カーブ、チェンジアップを織り交ぜ、東大打線から三振の山を築いた。

 5番に入ったバットでも六回1死二塁から左中間を破る適時二塁打。続く6番・和田の左翼への当たりで激走し、一気にホームまで駆け抜けた。

 投打で貢献しながら43季連続最下位に沈む東大相手からヒヤヒヤの勝利に、「応援もベンチの雰囲気も東大の方がよかった」と主将として笑顔はなし。まずはリーグ連覇。そして春の大学選手権に続き、秋の神宮大会も制しての4冠へ気を引き締めることを忘れなかった。