15番でティーショットを放ちボールの行方を見る石川遼(カメラ・生澤 英里香)

写真拡大

 ◇男子プロゴルフツアー

ANAオープン 第3日(14日、北海道・札幌GC輪厚C=7063ヤード、パー72)

 曇天の中、第3ラウンドが終了した。通算3勝の時松隆光、初優勝を目指すP・カーミス(ギリシャ)が、通算14アンダーの首位に並んだ。

 初優勝を狙う正岡竜二、G・チャルングン(タイ)、S・ハン(米国)が2打差の3位で追う。昨季賞金王の今平周吾、竹谷佳孝、嘉数光倫は11アンダーの6位。15年大会覇者の石川遼は3位で出たが71で、9アンダーの11位へ後退した。

 12年賞金王・藤田寛之、飛ばし屋・星野陸也、10年と17年大会王者の池田勇太、日本ツアー選手権森ビル杯王者の堀川未来夢は5アンダーの30位。出水田大二郎は4アンダーの37位。比嘉一貴は、2アンダーの51位となっている。