女優の中村玉緒(80)が14日、東京・角川シネマ有楽町で「市川雷蔵祭」のトークショーに参加した。タイトな和服姿で急な階段を一人でスタスタと上がるなど元気な様子を見せた。

 1969年に雷蔵さんが37歳で亡くなってから50年。かつて週刊誌などで結婚相手と報じられた中村は「今思えば好きだったのかな…。主人(勝新太郎さん)には悪いけど」と遠くを見つめた。雷蔵さんからは、自宅に新しい部屋を作ろうとしていると聞いていたようで「遠回しに(自分のことが)好きだったのかな」と振り返った。

 その後、勝さんと結婚。雷蔵さんからのアプローチとの違いについて聞かれると「アタックというか…婚前交渉というか。もう、つわりがひどくてね。うちに帰って天井見ても気持ち悪い。それが今、2人の子どもなんですけど。主人は強引でしたから」と勝さん流の愛を明かした。雷蔵さんとは「肉体関係はございませんでした」という。

 現況を比べ「私には孫がいないけど雷蔵さんには孫が2人いる。幸せだな。代わりにうちにはワンちゃんがいますから」と笑わせた。「最近は(明石家)さんまさんにかわいがって頂いていて。正月も特番に出ますから」とさんまにも言及。「さんまさんは結婚しないね。あの人はうわさになると結婚しないのよ」と暴露していた。