中国メディアは、日本人は「ちょっとやそっとの地震ではまったく動揺しない」と紹介し、その理由を考察する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本でたびたび発生する地震のニュースは中国でも報道されることが多い。また、中国ではほとんど地震を体験したことがないという人もいるため、訪日中に地震に遭遇し、その体験談をネット上に掲載する人も少なくない。

 こうした事情から、中国では「日本は地震が頻発する地震大国」として認知されているわけだが、地震が起きても日本人は冷静に対応し、ほとんど混乱に陥ることのない様子に多くの中国人は衝撃を受けるという。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人は「ちょっとやそっとの地震ではまったく動揺しない」と紹介し、その理由を考察する記事を掲載した。

 記事は、「人間は自然の驚異の前にはひとたまりもない存在」であるとしつつ、「日本ほど地震災害に対して予防の措置を取り、地震に上手に対処できている国はない」と指摘。さらに、日本は複数のプレート上に位置し、絶えず地震が発生する国であるにも関わらず、「大地震でない限り、建物が倒壊して下敷きになる犠牲者が少ないことは注目に値する」と主張した。

 時折、大規模な地震が発生する中国では地震で建物が倒壊し、がれきの下敷きになって死傷する人が多いのが現状だ。また、建設現場では手抜き工事が行われたり、低品質で粗悪な資材が使われるなど、建物の安全性に不安を感じさせる問題も多発している。

 記事は、日本人が「ちょっとやそっとの地震ではまったく動揺しない」理由は、建物が堅牢で「倒壊することを心配する必要がないからだ」と主張。そして、日本では法律によって定められた耐震基準のもと「耐震構造の建築物が耐震性のある建築資材」によって作られているのだと強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)