将棋日本シリーズ JTプロ公式戦の2回戦が9月14日に行われ、渡辺明JT杯覇者(35)と羽生善治九段(48)が、現在対局中だ。

 JT プロ公式戦は、前年優勝者、タイトルホルダー、前年度の賞金ランキング上位者など、選ばれし12人で争われる。いわば棋界の“トップ12”が集うトーナメント戦だ。持ち時間各10分・切れたら1手30秒未満・考慮時間各5分という、数ある公式戦の中でも超早指し棋戦として知られている。

 渡辺JT杯覇者は現在、棋王・王将・棋聖という三冠保持者。永世竜王・永世棋王の有資格者で、タイトル通算23期を誇る。一方、羽生九段は7つのタイトルで永世資格を保持。タイトル通算は、史上最多の99期だ。両者の対局は今回が77回目で、過去の成績は羽生九段の40勝36敗と拮抗している。

 振り駒の結果、先手は羽生九段。勝者は準決勝で、豊島将之名人(王位、29)と三浦弘行九段(45)と対戦する。AbemaTVではJT プロ公式戦の全局を、終了まで独占で生放送する。

(C)AbemaTV