「ベントレーがEVをつくると、自律走行する“秘密の隠れ家”になる? コンセプトカーが示す超高級車の未来」の写真・リンク付きの記事はこちら

このほど創業100周年を迎えたベントレーが、コンセプトカーを発表した。この「EXP 100 GT」は、2035年の高級車像をイメージしてつくられたラグジュアリーな電気自動車(EV)で、自律走行車でもある。あくまでコンセプトカーなので、世界各地にあるディーラーに登場することは当分ない。だがベントレーによると、このクルマが同社のブランドの未来を示すのだという。

EXP 100 GTはバッテリーのパワーや卓越した性能、最高級の素材、そして自動運転技術が注目の的であるのは言うまでもない。だがそれだけでなく、快適性と持続可能性にも重点を置いている。

“声の執事”から空気清浄機、専用フレグランスまで

EXP 100 GTには、“声の執事”が搭載されている。「ベントレー・パーソナルアシスタント」という名の音声アシスタントだ。この人工知能(AI)はキャビンに組み込まれた大量のセンサーによって、車内の照明や環境を乗員の気分に最適化する。さらに、さまざまなセンサーが乗員の目や頭の動き、血圧の状態、体の位置などを検知する。

車内の雰囲気に合わせてアンビエントライトを調節したり、プロジェクションマッピングを映し出したりすることもできる。ドライヴァーが手動で運転しているときは、必要なサポートを提供するためにシートを自動調整してくれる。さらに、コメを脱穀する過程で生じたもみ殻の灰を利用した外装用の塗料に採用するなど、快適性に加えて持続可能性も重視している。

こうした機能は、ベントレーが「アダプタブル・バイオメトリック・シーティング」と呼ぶ装備によって実現するという。乗員の気分を察知し、それに応じて車内のさまざまなパラメーターを調節する技術である。

PHOTOGRAPH BY BENTLEY

さらにトランクには、空気清浄システムが搭載されている。前席にあるエアコンの吹き出し口だけでなく、後部座席で必要なときに開く吹き出し口から、きれいな空気が出てくる仕組みだ。しかも、室内の二酸化炭素濃度を常にモニタリングしている。どことなく落ち着かない感じもするが、このふたつの吹き出し口は「まるで呼吸して生きているような表情をクルマに与える」のだという。

いかにもコンセプトカーらしくベントレーは、EXP 100 GT専用のフレグランスもつくり出した。香りのコンサルティング企業である「12.29」と共同開発したフレグランスは、白檀とみずみずしいコケの香りをブレンドしたものだ。

デジタルとアナログの共存

EXP 100 GTの快適性とエンターテインメントシステムの多くは、クルマに搭載されているAI、つまり声の執事たるベントレー・パーソナルアシスタントによって制御される。このアシスタントは乗員を快適にしてくれるだけではない。走行ルートで気になった場所に関する情報の提供や新たな旅の提案、さらには近くにある「ラグジュアリーな体験」ができる場所への案内もしてくれる。

たとえ未来のクルマが自律走行車になっても、ベントレーのユーザーならテスラ車のようなタッチスクリーン操作よりも、つまみを自分の手で動かすアナログな操作を体験したいと望むはず──。そう考えたベントレーは、このコンセプトカーの回転スイッチを銅とアルミニウムでつくった。

数々のスイッチは、車内のドアパネルに取りつけられた透明の有機ELディスプレーと共存している。さらにメインのエンターテインメントスクリーンが、自動運転モードの際に映画を見るために用意されている。

こうした一連のコンセプトにとって最適だとベントレーが考えているもうひとつの技術は、ジェスチャー操作だ。例えば、乗員が屋外にあるものを指差してからスクリーンに向かって“ドラッグする”と、関連する情報をベントレー・パーソナルアシスタントが教えてくれる──といった具合である。

運転したいときだけ手動走行

自律走行車の時代にあっても、人間が当然の権利と考えている“手動”の運転をなくすわけにはいかないと、ベントレーは考えているようだ。EXP 100 GTでは、完全自動運転がオプション機能になっているのだ。

都市部や高速道路など、ドライヴァーが運転したくない場面では自律走行モードで移動をクルマ任せにできる。そして静かな山道に入れば、自動運転をを停止して自らステアリングを握って走らせることができるのだ(とはいえ、多くの自動運転システムも同様の仕組みになっている)。

こうした発想は、アストンマーティンが電動SUVのコンセプトカーとして“復活”させた「ラゴンダ」と似ている。どちらもラグジュアリーカーで、ドライヴァーが自ら運転したいときだけステアリングを握り、それ以外の場面では自律走行することを目指しているからだ。

しかし、実現するには「レヴェル5」の完全な自動運転技術が(規制の問題は別として)必須になる。それゆえに、イーロン・マスクが何と言おうと、いまはまだ空想にすぎない。

PHOTOGRAPH BY BENTLEY

“走り”を楽しめるEV

EXP 100 GTは完全自動運転を念頭に置いて設計されている。だが、そのコンセプトによってベントレーは、ドライヴァーが運転を楽しむことこそがブランドの価値を高めるうえで最優先であることを示そうとしている。自動運転の際には格納されるステアリングは、ドライヴァーが自ら運転したいときにはいつでも使える状態になる。そして電気モーターのパワーによって、まるでスーパーカーのような加速を楽しめるのだ。

ここで忘れてはならないのは、EXP 100 GTはあくまでコンセプトである、ということだ。このため現時点で示されているスペックについては参考程度にしかならないが、ベントレーによると時速0-60マイル(同約97km)の加速は2.5秒未満、最高速度は時速186マイル(同約300km)、最大トルクは1500Nmにもなるという。

さらに、バッテリーは軽量でエネルギー密度は現在の5倍になり、航続距離は435マイル(約700km)に達するという。15分で80パーセントの充電が可能というが、バッテリーの性能や充電規格については説明されていない。

PHOTOGRAPH BY BENTLEY

空想的なコンセプトの数々から、もうひとつ紹介しよう。EXP 100 GTは「インテリジェントタイヤ」なるタイヤを装着しており、天候やドライヴァーの要望に合わせて接地を最適化するのだという。出力などの詳細は公表されていないが、「次世代トラクションドライヴ」と呼ばれるシステムにトルクヴェクタリングが備わっていることは明らかになっている。

クルマの左右のタイヤに配分する駆動力を最適化するトルクヴェクタリングは、自動車メーカーがEVを差異化するうえで鍵を握る技術になるはずだ。こうして乗り味の違いを打ち出せなければ、EVのスーパーカーは超高速だが個性がなくなり、どれに乗っても同じようになりかねない。

伝統を受け継いだデザイン

こうしたコンセプトカーの開発になると、設計者は一般的にわれを忘れがちになる。ところが、EXP 100 GTの設計には現実から飛躍しすぎている印象はない。

例えば、ベントレーは超高級車から皮革を排除し、動物由来ではない素材を採用する方向へと進んでいる。EXP 100 GTの場合もレザーのような生地だが、実はワイン醸造の際の副産物からつくった100パーセントオーガニックな素材である。

このほか、泥炭の湿原や湖、川などにあった5,000年前の天然の倒木に銅を染み込ませてつくった「Riverwood」と呼ばれる天然素材も使っている。原料を提供したのは、こうした倒木を保存する目的で設立された英国の「Fenland Black Oak Project」という団体だ。

PHOTOGRAPH BY BENTLEY

ここで車内から降りて外に出てみよう。EXP 100 GTは非常に大型で、全長5.8m、幅約2.4mにもなる。全長はベントレーの「コンチネンタルGT」よりも1mは長く、全幅はロンドンバスに使われる車両「ルートマスター」よりわずかに20cm狭いだけだ。駐車するときは自分で運転するのではなく、AI任せにするのがいいかもしれない。2枚のドアも巨大で幅が2mあり、上に大きく開く。屋根が低い車庫は避けたほうがいいだろう。

クルマを正面から見ると、このコンセプトカーがベントレーの伝統的な要素を明らかに受け継いでいることがわかる。大きなグリルに配置されたふたつの丸目のヘッドライトは、1920年代にル・マン24時間耐久レースに出場していたベントレーの「ブロワー」を思わせる。筋肉質な印象の外観は、ベントレーによると「このブランドの未来のデザインの方向性を探っている」のだという。

超富裕層のためのプライヴェートな新しい交通手段

EXP 100 GTのことを、例によってショールームに置かれることはないコンセプトカーであると一蹴するのは簡単かもしれない。確かに今回のコンセプトで示された仕様の一部は、あくまでこうなればいいという「願い事のリスト」にすぎない。

それに実際のところ、バッテリー技術に関する説明の一部は控えめに言っても曖昧で、加速性能については現在のEVでも達成可能だろう。インテリアの一部の機能もすでにすでに実用化されており、純然たる想像の産物というわけでもない。

EXP 100 GTのコンセプトは、消費者のニーズの変化にうまく対応している。例えば、皮革を利用しないアニマルフリーであることや、スマートホームで使われるような空気清浄機能や照明技術などがそうだ。

PHOTOGRAPH BY BENTLEY

ラグジュアリーカーを快適な“隠れ家”に変えることなど不可能だ──なんてあなどらないほうがいい。電気モーターによる静かで滑らかな走りは、こうした超高級車を超富裕層のためのプライヴェートな新しい交通手段に変えるというアイデアに説得力をもたせているからだ。

完全な自律走行車が実現するまでの道のりは、確かにとても遠いかもしれない。そして未来のベントレーのクルマが、EXP 100 GTとまったく同じようになることもないだろう。

だが、ベントレーが内燃機関から電気モーターへの移行という業界の流れに動じていないことが、EXP 100 GTのコンセプトから伝わってくるのは心強い。つまりベントレーが考える未来では、自らがステアリング握るドライヴァーと、運転をクルマ任せにしたいオーナーのどちらのニーズにも応えることになるのだ。