爆発音などの効果音を「ドーン」や「どっかーん」と文字で表現することは多いですが、反対に文字から効果音を作ってしまう「KanaWave」は、日本語で文字を入力するだけで、擬音の雰囲気をそのまま効果音として再生することができます。

KanaWaveの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

https://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se232653.html

実際にいろいろ文字を入力して作った擬音は以下のムービーで確認できます。

「ドドドドド」「びゅーん」から「あいうえお」まで文字がそのまま効果音になる「KanaWave」 - YouTube

KanaWaveをダウンロードするには、上記URLを開いて赤枠部分をクリック。



ダウンロードのタブに移動するので、赤枠部分をクリック。



「このソフトを今すぐダウンロード」をクリックするとダウンロードが始まります。



「OK」をクリック。



lzhファイルがダウンロードされるので、右クリック。



「送る」を選択。



「解凍」をクリック。



「kwave012」というファイルが表示されるので、クリックして開きます。



KanaWave.exeをクリックして実行。



ダイアログが表示されたら「実行」をクリックします。



KanaWaveのウィンドウが開きます。



「擬音」の入力ボックスに入力した文字を、擬音として再生することができます。入力できる文字はひらがな、カタカナのみ。なお、ひらがなでもカタカナでも同じ音が鳴ります。



入力した文字に、アルファベットや漢字が含まれていると「擬音を作成できない文字列です」と表示され音を出力することができません。



文字を入力して赤枠部分を押すと音が再生されます。ひらがな、カタカナの文字列なら何でも効果音として出力されるので、自分の名前などで擬音を作っても面白そうです。



「ドーン」と描いてあるボタンをONにすると、文字入力後すぐに擬音が再生されます。



再生される擬音は、再生時間、抑揚、音量、音の高さを好みに応じて調節することが可能。



サンプリング周波数は11kHz、22kHz、44kHzから選択できます。



サンプリングビット数は8ビットと16ビットの2種類。



作成した擬音はwavファイルとして保存することができます。メニューバーから「KanaWave」をクリックして「Waveファイルに変換」をクリック。



ファイル名を決めて保存をクリック。



出力されたファイルを開くと……



無事に再生されました。