連続テレビ小説『なつぞら』なつ(広瀬すず)たちが手がけるテレビアニメ「大草原の少女ソラ」のオープニング映像(C)NHK

写真拡大

 NHKで放送中の連続テレビ小説『なつぞら』(月〜土 前8:00 総合ほか)。14日放送の第144回で、なつ(広瀬すず)や坂場(中川大志)たちが手がけた新しいテレビアニメ「大草原の少女ソラ」が断片的に放送された。その主題歌を歌うのは、第143回で描かれたとおり、歌手の煙カスミ(戸田恵子)。番組公式ツイッターとインスタグラムでは、主題歌入りのオープニング映像がフルバージョンで公開されている。

【動画】劇中アニメ「大草原の少女ソラ」オープニング映像

 『なつぞら』本編のタイトルバックとそっくりなのだが、実は画角に合わせて微調整が施されていたり(現在の画面サイズの比率は16:9だが、劇中アニメが放送された1970年代は4:3だったため)、色あいも少し違っていたり。

 なお、「大草原の少女ソラ」の語りは、連続テレビ小説第99作『まんぷく』でヒロイン・福子を演じた安藤サクラ(第143回から登場)。坂場たちが会社に泊まり込んで作業するシーンでは従業員が「まんぷくヌードル」を食べている姿も映っていた。

 主人公ソラの声は、声優の沢城みゆきが演じる白本知香子が担当。劇中アニメの声だけでなく、第143回では顔出し出演し、オーディションでインパクトのある演技を披露した。