ムードに飲まれた? 小栗旬と沢尻エリカ

写真拡大

 女優の沢尻エリカが14日、丸の内ピカデリーで行われた映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』公開記念舞台あいさつに、主演の小栗旬と共に出席。撮影初日に行われた2人のラブシーンの撮影で、小栗が消極的だったことに「もっと来いよ! と思った」とぶっちゃけトークを展開した。この日は、二階堂ふみ、千葉雄大、蜷川実花監督も出席した。

 「走れメロス」「斜陽」などで知られる太宰治の「人間失格」誕生に迫った本作で沢尻は小栗ふんする太宰の愛人で、弟子の太田静子役で出演。撮影初日からラブシーンがあったことを明かすと「小栗さんはラブシーンに慣れていらっしゃると思っていたのですが、なかなか(迫って)こないなと感じていたんです」と振り返る。
 
 蜷川監督も「普通だったらもうちょっと触るよね。もっとしっかり触って。胸にも行って!」と促していたというが、なかなか思い切れない小栗。沢尻は「内心『もっと来いよ!』って感じていたのですが、話を聞くと小栗さんはあまりラブシーンを演じたことがないというんです。すごく意外でした」と裏話を披露した。

 沢尻の話を聞きながら頭を掻いていた小栗は「あの初日の撮影だけは、本当に役者失格でした。段取りからわかっていたのですが、いざ本番になって『胸を触って』と言われたら、急に恥ずかしくなってしまって……。あの初日の夜は本当に反省しました。覚悟を決めて現場に入ったつもりだったのですが、沢尻エリカのムードに飲まれちゃいました」と苦笑い。しかし、翌日からは吹っ切れたといい、その後は「太宰として生きることができました」とラブシーンにも臆することなく撮影ができたという。
 
 そんなピュアな一面を明かされた小栗は、沢尻に対して「空き時間にトランプをしたのですが、とにかく負けず嫌いで、ふみちゃんとスピードをやっているときの表情がすごかった」と暴露。沢尻は「ゲームになると負けず嫌いが出てきて、人格が変わっちゃうんです」と恥ずかしそうに語ると、二階堂は「こっちにトランプが飛んでくるぐらいの勢いで……わたしもお姉さまにつられて白熱しちゃいました」と女性同士のバトルを楽しんだようだ。(磯部正和)