笑顔で手を振る有村藍里=都内

写真拡大

 タレントの有村藍里(29)が14日、都内で、初フォトエッセー「1mmでも可愛くなりたい。」(扶桑社)の発売イベントを行った。

 今年3月に美容整形を受けたことを明かした有村。「今となっては口紅を塗るのも楽しくて毎日がハッピー」とはにかんだ。

 有村にとって“可愛い”とは、「笑顔」だという。口元にコンプレックスがあり、うまく笑えなかった過去を振り返り、「中身も変わった。前向きになることができた」と心の変化を語った。

 著書では事務所独立や改名、「有村架純の姉」と見られることへの葛藤など、デビュー後の苦悩も赤裸々に告白。有村は「コンプレックスを抱えている人、悩みを抱えている人に読んでほしい」と訴えた。