阪神・岩貞祐太投手(28)が14日、先発予定の15日の巨人戦(東京ドーム)に向け気合をみなぎらせた。

 「やれることを丁寧にやっていくしかない。僕らが相手の優勝を考えながらやることはないので、一つ一つ丁寧にアウトをとっていけたら」

 この日は、キャッチボールやショートダッシュなどで調整し、試合に備えた。前回登板した8日の広島戦(マツダ)では4回5安打2失点で4敗目(2勝)を喫していた。巨人戦は4月20日(甲子園)に7回4安打2失点で敗戦して以来、5カ月ぶり。東京ドームでの登板は今季初となるが「狭い球場ではあるので、低めに集めるというのは大前提」と長打を警戒した。