始球式を務めた矢方美紀=京セラドーム大阪(撮影・中島信生)

写真拡大 (全3枚)

 元SKE48のメンバーでタレントの矢方美紀(27)が14日、プロ野球・オリックス対楽天(京セラ)で始球式を行った。

 この日の一戦は「FWD富士生命デー」として開催。矢方さんはSKE48を卒業後、乳がんで左乳房の全摘出手術を行っていたことを公表。乳がんの早期発見に取り組むFWD富士生命によるセミナーや啓発イベントで、講演などを行っていたつながりから、始球式が実現した。

 自身初の経験は捕手の手前でツーバウンド投球となり「初めて始球式をさせてもらって、まさか1人でマウンドに立つことができるとは思ってなかった」と感激しつつ、「野球をされていた方と練習したんですけど、ツーバウンドでした。自己採点は50点です」と苦笑いだった。