『人間失格 太宰治と3人の女たち』舞台あいさつに登壇した(左から)小栗旬、沢尻エリカ (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 俳優の小栗旬、女優の沢尻エリカが14日、都内で行われた映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の公開記念舞台あいさつに出席。愛人関係を演じた2人だが、沢尻は「撮影初日の最初がキスシーンだった」と振り返ると「小栗さんは、こういう事に慣れてるのかなと思っていたら、全然、来ないなと。実はそういうのやったことないらしく意外でした」と“奥手ぶり”を暴露した。

【動画】沢尻エリカ、小栗旬の受け身ラブシーンにイラッ?「もっとこいよ!」

 撮影現場では、蜷川実花監督から「もっと胸を触って!」と指導が飛んだという。沢尻も「もうちょっとグイグイ来て!」と思っていたようで、そのエピソードを聞いた小栗は「あの初日に関しては“役者失格”でした。段取りの時に『触りなさい!』と言われたら恥ずかしくて。みんな、よくこんなことしてるなと…」と赤面した。

 その後の絡みシーンでも「結局、触ってない」と蜷川監督は公開ダメ出し。小栗は「あれは本当に反省しています。このままじゃダメだと思って、あの晩はとても反省しました。覚悟を決めたはずですが、沢尻エリカのムードに飲まれてしまって…」と笑いながら謝罪していた。

 『走れメロス』『津軽』など数々の有名作品を世に出した太宰が死の直前に発表し、遺作となった『人間失格』は累計1200万部以上を売り上げ、今もなお歴代ベストセラーランキングのトップを争う人気書籍。写真家としても著名な蜷川氏がメガホンを取り、原作小説の映画化ではなく、『人間失格』の誕生秘話を太宰と彼を愛した3人の女性たちの目線で、事実をもとにしたフィクションとして描く。

 舞台あいさつにはそのほか、二階堂ふみ、千葉雄大が出席した。