近年のメジャーリーグは「フライボール革命」によって、ホームランの数が激増しています。1990年代から2000年代初頭にかけてのステロイド時代のように、ホームランの乱れ飛ぶゲームが多く見られるようになりました。

 レギュラーシーズンの総本塁打は、2017年に史上最多の6105本を記録。ところが、今年は9月11日に早くも更新するほど、両リーグでホームランが量産されています。


大谷翔平は今シーズン、不動の3番バッターとして活躍した

 その一方で、激減しているのが盗塁数です。2011年にメジャー全体で3279個だった盗塁数が、2018年には2474個まで減少。今年の盗塁数も、それをさらに下回る見込みです。

 その原因は、選手が「走らなくなった」というより、「走る必要がなくなった」と言ったほうが正しいでしょう。セイバーメトリクスの進化により、リスクを犯して進塁するよりもホームランでランナーを生還させたほうが効率がいい、という考え方が広まったからです。

 また、このような時代の変化は、打順にも影響を及ぼすようになってきました。

 古くはベーブ・ルースをはじめ、メジャーの長い歴史においてチームの最強打者は皆、3番を任されました。しかし、セイバーメトリクスの分析によって、現在の最強打者は2番を打つ傾向が増えつつあります。日本でも話題になった「2番バッター最強説」です。

 その流れにともない、3番を任されるバッターは、かつての4番や5番のような「打つ専門」が増えてきました。フライボール革命によって、走力にも秀でたオールラウンドプレーヤーの活躍する機会が減ってきたのです。

 そこで、大谷翔平選手です。

 9月13日、左ひざの手術のため、ひと足早く今シーズンの終了を発表しましたが、不動の3番として活躍してきた大谷選手はメジャー1年目から2年連続で「ふたケタ本塁打&ふたケタ盗塁」を成し遂げました。日本人では2005年〜2006年、当時シカゴ・ホワイトソックスに所属していた井口資仁選手以来、ふたり目の快挙です。

 今シーズンの大谷選手の成績は、打率.286・18本塁打・62打点・12盗塁。デビューから2年続けて15本塁打&10盗塁以上を記録したのは、ロサンゼルス・エンゼルス球団史上、初の出来事です。

 また、3番バッターで「ふたケタ本塁打&ふたケタ盗塁」を記録しているのは、ア・リーグでは大谷とテキサス・レンジャーズのエルビス・アンドロス(10本塁打&28盗塁)。ナ・リーグではピッツバーグ・パイレーツのスターリング・マルテ(23本塁打&25盗塁)のみで、計3人しか到達していません。

 大谷選手の走力については、以前より関係者から高く評価されています。現役時代に通算354盗塁を記録し、現在はヒューストン・アストロズで三塁コーチを務めるゲイリー・ペティスは、「誰もマネのできない逸材」と絶賛しています。MLBが導入している『スタット・キャスト』によると、大谷選手は秒速28.2フィート(約8.6メートル)で走り、マイク・トラウトに次ぐチーム2番目の俊足を誇っています。

 アメリカの人々をさらに驚かせているのは、大きな体格にもかかわらず足が速い点でしょう。身長193cmもありながら、あれだけのスピードを出せることも話題となっています。そのプレーぶりを見て、アトランタ・ブレーブスで活躍したデール・マーフィーや、ニューヨーク・メッツなどでプレーしたダリル・ストロベリーなどの名前が、ファンの間で引き合いに出されています。

 マーフィーはオールスターゲームに7度選ばれ、1982年と1983年に2年続けてナ・リーグMVPに輝いた身長193cmの名選手です。1983年には30本塁打・30盗塁、いわゆる「30−30(サーティ・サーティ)」を達成しました。一方、ストロベリーも198cmの高身長で、1980年のドラフト全体1位指名でメッツに入団した人気選手です。パワーとスピードを兼ね備えており、1987年にはこちらも「30−30」を成し遂げました。

 トラウトと大谷選手の2番・3番コンビを、現地メディアは「新バッシュブラザーズ」と呼んでいます。バッシュブラザーズとは、1980年代後半に旋風を巻き起こしたオークランド・アスレチックスのホセ・カンセコとマーク・マグワイアの大砲コンビの愛称です。それに例えられるぐらい、このコンビはメジャー屈指の破壊力と評されています。

 ただ、その後方にはアルバート・プホルスという偉大なスラッガーが控えているので、大谷選手は出塁できたとしても、そのあと盗塁しづらいチーム状況があります。また、来シーズンから二刀流を復活させるために、ケガのリスクがあるプレーも控えさせるでしょう。

 それでも、期待してしまいます。なぜならば、大谷選手には「30−30」を達成できる才能が十分に備わっているからです。

 かつて「30−30」という大記録は、オールラウンドプレーヤーの勲章でした。アスリートタイプの選手は、誰もが目指した大台だったのです。しかし、近年のフライボール革命によって、スピード=盗塁というものが重んじられなくなりました。

 実際、2013年から2017年まで、この5年間はひとりも「30−30」は誕生しませんでした。2018年は2名、そして今年もブレーブスのロベルト・アクーニャとミルウォーキー・ブルワーズのクリスチャン・イエリッチが達成しましたが、昔に比べると非常に少ない。

 そんな風潮のなか、3番バッターとしてふたケタ本塁打&ふたケタ盗塁を記録している事実は、特筆すべきことだと思います。パワーとスピードのバランスに秀でた大谷翔平というプレーヤーは、近年のメジャーリーグで特異な存在です。二刀流での活躍も楽しみですが、大谷選手が「30−30」を目指すというのも、また夢のある話ではないでしょうか。