メイクの仕上がりをランクアップ!パーツ別で使い分けるべきメイクブラシ

写真拡大 (全8枚)

メイクアップをいつもより綺麗に仕上げたいなら、使うブラシにもこだわりましょう!それは値段よりも、大きさや硬さ、細かくこだわることで美しく仕上がります。
今回は、顔のパーツごとに最適なメイクブラシをご紹介します!

メイクの仕上がりは、ブラシで決まる!

あり過ぎてわからない!どんなブラシを選べばいいの?

出典:GODMake.

メイクはブラシを使ったほうが綺麗に仕上がる!と言うのは聞いたことがあるかと思いますが、大きさや太さ、硬さ、それに加えて毛の種類も多く、どれを選べばいいかわかりませんよね。

メイクブラシは、フェイス、アイ、チーク、リップと、それぞれのパーツごとに最適なブラシがあります。

今回は、それぞれのパーツごとにどのような特徴のブラシを選べばいいのか?そのコツと、美容ライターオススメのメイクブラシをご紹介します!

パーツ別!最適なブラシの選び方

出典:GODMake.

あなたはマット派?ツヤ派?ベースメイクの仕上げに欠かせないブラシ

まず、ファンデーションでブラシを使うメリットは「余計な粉がつかず、粉っぽさのない自然な仕上がりが叶う」ことです。

フェイスパウダーのブラシを使う方は多くいらっしゃると思いますが、プロの中にはリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションもブラシでつける方が多いです。

ツルツルとしたなめらかな毛が特徴で、ブラシでつけることで毛穴の凹凸をカバーしたり、ナチュラルなツヤを出すことができます。

フェイスパウダーも、ブラシでつけると磨いたようなツヤが出ますが、量を調節すれば陶器のようなマット肌を楽しむことができます。ブラシを使うことでファンデーションや粉のつけすぎを防ぐことができるので、崩れ防止や自然な仕上がりにも繋がります。

ふんわりナチュラル眉を作る!アイブロウに欠かせないブラシ

眉を自然に美しく仕上げるためには、ブラシは必要不可欠だと思っています。ペンシルだけで済ませる方も多いようですが、不自然な線が残ってしまいますので、ブラシで必ずぼかしましょう。

細くてコシのあるブラシは眉尻の細い線も綺麗に描きやすく、眉の毛の隙間を埋めてムラをなくす効果があります。大きくて太めのブラシは線をぼかして柔らかい眉を演出できるので、どちらのブラシも持っていると便利ですよ!

やり過ぎない自然な奥行きを出す!アイシャドウに欠かせないブラシ

筆者は指でアイシャドウをつけることが多いのですが、目元にしっかり奥行きや陰影をつけたい時にはブラシは活躍します。ブラシの大きさにもよりますが、色の濃淡をはっきりつけることができ、深みを出すことができます。

まず、ベースになる明るいカラーは、アイシャドウブラシの中でも大きめのものを使いましょう。大きくて柔らかいブラシは薄く色づきます。濃くしたい色ほど小さくて堅めのブラシを使うと、色がはっきり出るので、好みや目の形に合わせて大きさを選びましょう。

また、目のきわにアイシャドウを乗せたいなら、斜めにカットされたアイブロウブラシのようなブラシを使うと綺麗に乗りますよ!

内側から滲み出るような血色を。チーク・ハイライトに欠かせないブラシ

チークやハイライトを美しく入れるためには、ブラシ選びはとても重要です。まず優先して欲しいのは、ブラシの柔らかさです。

ブラシの毛は、意外にも肌を痛めてしまうこともあります。それは毛が硬すぎたり、質が悪すぎると摩擦でダメージを受けてしまうのです。それを防ぐためにも、質のいい柔らかいブラシを使うのがいいでしょう。

他にも、硬いブラシを使うと濃くなりすぎてしまったり、境目がくっきり残ってしまうので自然な血色感を出すことができません。

また、ハイライトやチークは広い範囲に使うので、小さなブラシだと広い範囲に塗れずムラになってしまいます。大きいものを選ぶのがベストですよ!

これがオススメ!持ってて損はないメイクブラシ5選

超プチプラなのに、肌当たり抜群!均一に粉がつくパウダーブラシ

ダイソー 春姫 ファンデーションブラシ
出典:GODMake.

ダイソーのメイクアイテムの中でも人気なのが、春姫シリーズのブラシ。ふわっふわの柔らかいブラシは、いつまでも触っていたいぐらい気持ちがいいです。

大きさも様々ありますが、大きくて太さのあるこのタイプは、薄く均一に粉をつけることができるので、ナチュラルなベースメイクを作ることができます。広い範囲に一気に粉を乗せることができるので、時間短縮にもなりますよ。

細かい部分は平らなブラシで解決!完璧なベース作りを助ける小さなブラシ

白鳳堂 アイシャドウ丸平 B004G
出典:GODMake.

本来はアイシャドウブラシですが、フェイスパウダーを乗せるのにも適しています。

目のキワなど細かい部分は粉が不足して、マスカラやアイラインが落ちやすくなってしまいます。また、小鼻のキワなど赤みがある方も、しっかり粉でガードする必要があります。

そのような細かい部分は、小さなブラシを使えば綺麗にカバーができます。細かい部分にまで気を配ることで、メイク崩れの予防や美しいベースが完成するので、1本あると便利ですよ!

ふんわりトレンド眉に欠かせない!誰でも描きやすい極太眉ブラシ

フーミー アイブロウブラシ 熊野筆
出典:GODMake.

フーミーのアイブロウブラシは太くて大きさがあるので、ボカしに適しています。ペンシルで描いた線をそのまま残していると、眉の印象が強すぎてしまったり、自然なメイクから遠ざかってしまいます。

クールメイクやあえて線を残すメイクに限ってはいいのですが、トレンドメイクを意識するなら断然ボカした方がイマドキになります!フーミーのブラシは、力を入れなくても綺麗にムラなくぼかすことができるので、なかなかアイブロウが綺麗に仕上がらない…という方にもオススメです。

至極の肌触り!高級だけど持ってて損はない、チークブラシ

スック チーク ブラシ
出典:GODMake.

15,000円(税抜)となかなか手が出しにくいチークブラシですが、筆者はチークブラシはとことんこだわってもいいと思っています。チークの仕上がりは、ブラシで決まる!と言ってもいいぐらいに仕上がりが左右されます。

スックのブラシは灰リス毛を100%使用しており、毛の種類の中では特に柔らかいのが特徴です。毛先が長く、ナチュラルに色づくのでチークの失敗がありません!チークでいつも失敗してしまう…という方は、ぜひブラシに注目してみてくださいね。

ブラシ初心者さん必見!高品質のブラシが低価格でほとんど揃うブラシセット

シックスプラス メイクブラシ15本セット(ピンク色)
出典:GODMake.

15本のブラシが入って5,000円ちょっとで手に入る、コスパ抜群のブラシセットです。ファンデーションブラシもパウダー用とリキッド用がセットされており、アイシャドウブラシも大きさが充実して入っています。

上質なナイロン毛を使用しているので、肌当たりがとてもいいんです!また人工毛なので、お手入れもしやすいですよ。シックスプラスのブラシセットは種類がたくさんあり、必要なブラシセットだけ揃えることもできます。

優秀ブラシを使って美しい仕上がりを心がけて

いかがでしたか?ブラシにも色々な特徴がありますので、仕上がりの好みや用途に合わせて大きさや硬さを選ぶことで、メイクアップの仕上がりがグッとランクアップします。

ぜひこの記事を参考に、もっとメイクブラシを活躍させてみましょう。