カリフォルニア州クパチーノにある本社で開催された米アップル新製品発表会「iPhone11」などが登場(写真:ロイター/アフロ)


 ロイター通信によると、米アップルが9月10日に発表した新型「iPhone」は価格を引き下げたものの、アジア諸国での反応は薄いという。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

目新しさがない「トリプルカメラ」

 とりわけ、アップルが重視している、世界最大のスマートフォン市場である中国では、より低価格で機能満載のスマートフォンが多く市場に出回っており、iPhoneは同国の消費者にとって魅力が少ないという。

 アップルは10日、3つの新型iPhoneを発表した。廉価モデル「11」の米国価格は699ドルからと、昨年(2018年)に発売した「XR」よりも50ドル下げた。これは、毎年価格を引き上げてきたアップルにとって異例の方針転換だと言われている。

 また、上位モデルの「11 Pro」(999ドルから)と「11 Pro Max」(1099ドルから)は背面に3つのカメラを搭載する。

 しかし、こうしたトリプルカメラ搭載の製品は、すでに競合の中国ファーウェイ(華為技術)や韓国サムスン電子が市場投入していて、目新しさがなく、驚くものもないという。

中国で依然割高

 シンガポールに本部を置く調査会社カナリスによると今年4〜6月の中国スマートフォン市場におけるメーカー別出荷台数は1位から、ファーウェイ、中国オッポ(広東欧珀移動通信)、中国ビーボ(維沃移動通信)、中国シャオミ(小米科技)、アップルの順だった。

 アップルのシェアは1年前の6.7%から5.7%に低下した。その要因の1つは価格だという。昨年発売の廉価モデル「XR」の価格は中国で売られている高価格帯製品よりも28%割高だった。「XS」「XS Max」では26%割高だったという。

 アップルが今回、廉価モデルの価格を引き下げたといってもiPhoneは依然、中国で割高。CNBCによると、iPhone 11は中国の高価格端末に比べて10.5〜12.5%高い。この価格差は、同11 Proと同11 Pro Maxでは18.6〜23%になるという。

 (参考・関連記事)「中国人の愛国心がファーウェイ人気に火を付けた」

5Gに未対応

 また、iPhoneの2019年モデルはいずれも、5G(第5世代)移動通信に未対応だ。

 5Gは米国や韓国、スイス、フィンランド、英国などの国の一部の地域で商用運用が始まったという段階。しかし、中国工業情報省は今年6月、中国電信(チャイナ・テレコム)や中国移動(チャイナ・モバイル)、中国聯通(チャイナ・ユニコム)などの同国通信事業者に5Gサービスの営業免許を交付した。これにより、2019年内にも同国で商用サービスが始まるとみられている。

 つまり、5G未対応のiPhone 11シリーズには「フューチャー・プルーフ(将来も使い続けられる)」の要素が少ない。これも中国の消費者を引き付けられない要因だと、アナリストは指摘している。

 (参考・関連記事)「世界スマホ市場、2020年にようやく回復へ」

筆者:小久保 重信