初日の成績は2アンダー。オーバーパーなしのラウンドを連続「29」に伸ばし、ツアー記録を塗り替えた渋野日向子。全英女子オープン優勝が、一過性の祝い事ではなかったことを証明したばかりだった。

 それで、緊張の糸が解けてしまったのだろうか。インの10番から朝の7時20分にスタートした渋野は、なんと前半の9ホールを終えてスコアを4つも落とし、通算2オーバーに後退していた――。


苦しい展開となった2日目。パットを外して天を仰ぐ渋野日向子

 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯、2日目。

 新神戸から公共交通を乗り継いでおよそ1時間。チェリーヒルズゴルフクラブに到着するや早速、その時に渋野がプレーしていたアウトの3番(パー5)に駆けつけた。

 薄いクリームイエローのポロシャツに白のパンツ。両肩、両腕を弛緩(しかん)させるように歩くので、その脱力感は両手にまで伝わり、ぶらりぶらりと長く見える。ゴルフクラブのシャフトがいかにもしなりそうな、独得の雰囲気が伝わってくる。

 ところが、スコアはさらに悪化していて通算3オーバー。手前のホール(アウト2番のパー3)で、またひとつボギーを打っていた。この段階で順位は69位タイ。記録更新が途絶える心配より、予選落ち(上位60位タイまでが決勝ラウンド進出)の心配をする段階に入っていた。 

 ゴルフ場にはちょくちょくやって来るが、トーナメントを観戦するのは何年かぶり。場違いなオジさんの訪問が、その乱調の原因であるのか。もし現実に予選落ちとなったら、それはゴルフ産業にとって大打撃を受けるんだろうなぁ……。

 いや、そんなことはなかった。この3番のロングで2mのバーディーパットを沈めると、渋野は続く4番のミドルホールでも連続バーディーを奪い、スコアを1オーバーに戻した。

 後半に強い『渋野劇場』の始まりか、と思えた。

 ところがだ。次の5番のミドルで、渋野は第2打をグリーン右の深いラフに外してしまう。落としどころが見当たりにくい、ピンに寄りそうもない難しいアプローチを予想どおり2〜3mオーバーさせてしまうと、返しのパットを決め切れずボギー。

 さらに、続く6番ショートもボギー。7番のパー5ではなんとかバーディーを奪ったが、これで6ホール連続パーなしという慌ただしいゴルフだ。

 続く8番の距離の短いミドル(365ヤード)。同伴競技者の朴仁妃(パク・インビ)のティーショットはフェアウェーのセンターへ。青い発色のいいパンツルックがよく似合う上田桃子は、それより30〜40ヤード先に飛ばす。

 渋野はどうなのか。こちらは、上田の方向だ。つまり、飛んでいる。しかし、最後のひと転がりで、左の深いラフに吸い込まれてしまった。大ピンチである。

 朴のセカンドはナイスショット。ピンに絡むバーディーチャンスだ。クラブを振っているというより、パチンと当てて押し出しているイメージだ。

 上田も安定感のあるショットでグリーンを捉える。

 そして、渋野。ラフからの難解なセカンドは、予想どおりショート。グリーン手前の深いラフに捕まった。これまた、大ピンチである。

 朴はお見事バーディー。上田はバーディー逃しの惜しいパー。そして渋野は、緊張のパーパットをなんとか沈め、2オーバーを死守した。このままいけば、おそらく予選通過。

 テレビの視聴率は、彼女が予選を通るか通らないかで、何%違うのだろうか? 今、一番視聴率を左右する大物である可能性が高い。

 迎えた最終の9番。渋野はティーショットで暫定球を打った。動体視力の悪いこちらはコース脇の現場で、1発目の行方を見逃していたので、てっきりOBだったのかと思い込んでいた。

 万事休す。予選落ち確定。申し訳ございません……ゴルフ業界に対して、なぜか私が謝りたい心境だった。

 渋野は続くショットをピンに寄せ、1パットでフィニッシュしたが、焼け石に水。通算3オーバーでホールアウトしたかに見えた――ところが、9番ホールのグリーン上でスコアボードに目をやれば、スコアは「1オーバー」となっている。つまり、このホールはバーディーだったことになる。

 なぜ? 試合後のコメントを聞いて、ようやく納得できた。

「1打目は(フェアウェーを横切る)電線にボールが当って、それで暫定球を打ったんです」

 テレビ観戦では、おそらく解説者が事情を詳しく説明してくれていたに違いないが、生観戦していたコース脇の観戦者で、このからくりを理解していた人はどれほどいたのだろうか。少なくともこちらの周辺のギャラリーの間では、「?」印で溢れかえっていた。

 これもゴルフの生観戦ならではの魅力と言うべきだろう。

 試合後、これだけ慌ただしいゴルフを展開したというのに、渋野は「記録が途絶えて残念だ」と言いながらも、記者の質問に笑顔でハキハキと答えていた。そこに無理が一切感じられない鷹揚(おうよう)としたところに、この選手の魅力が凝縮されている気がした。

「今日は、初日のスコア(2アンダー)を無駄にしてしまったので、残り2日間、絶対アンダーは出したいと思います」

 ちなみに、首位の畑岡奈紗との差は9打、開いている。