6月以降、私生活では婦女暴行容疑、フットボーラーとしては移籍騒動で世間を騒がせ続けたブラジル代表(セレソン)のエース、ネイマール(パリ・サンジェルマン)が、9月6日と10日のセレソンの強化試合に出場した。6月5日のカタール代表との練習試合で右足首を捻挫して、コパ・アメリカを欠場して以来、代表でもクラブでもプレーしておらず、公式戦のピッチに立つのは3カ月ぶりだった。


ペルー戦では後半18分から途中出場したネイマール

 6日にマイアミで行なわれたコロンビア戦にはフル出場した。セレソンは、前半19分、ネイマールが蹴った右CKをMFカゼミーロ(レアル・マドリード)が頭で決めて先制。その後、25分と29分に失点してコロンビアに逆転を許したが、後半13分、右SBダニエウ・アウベス(サンパウロ)の右からのグラウンダーのクロスをネイマールが左足で押し込んだ。

 ネイマールは親友ダニ・アウベスの背中に乗って、満面の笑顔。ボールにキスし、感極まった表情で天に祈りを捧げる。そしてベンチへ駆け寄ると、チッチ監督と固く抱き合った。

 試合は2−2の引き分け。ネイマールは1ゴール1アシストと結果を出した。スポーツ紙『ランセ!』は、「前半は試合勘の不足が顕著だったが、後半は動きが鋭くなった」として、チーム最高の7点(10点満点)を与えた。ただし、彼本来の積極的に1対1の勝負を挑んで相手守備陣を切り崩すプレーは、ほとんどなかった。

 その4日後、ロサンゼルスで行なわれたペルー戦では先発を外れ、後半18分からの出場だった。CFロベルト・フィルミーノ(リバプール)の代わりに入り、トップとトップ下の両方の役割をこなそうとしたが、相手DFから厳しいマークを受けて不発。地元メディアから「効果的なプレーがほとんどできなかった」「彼の最適のポジションは左サイドであることを逆に証明した」と酷評された(チームは0−1で敗れた)。

 この代表2連戦、ネイマールにとっては今季初めて公式戦でプレーしたことに最大の意義があった。調子は今ひとつだったが、これはある程度予想されたこと。今後、クラブで常時出場するようになれば、体調は徐々に上向くのではないかと思われる。

 心配なのは、身体よりも精神面のコンディションだ。

 切望していたバルセロナへの復帰が9月2日の移籍期間終了までに実現せず、心ならずもパリ・サンジェルマン残留を強いられた。これについて、本人はノーコメントを貫いている。

 一方、ネイマールの代理人を務める父親は、「バルセロナで息子はとても幸せだった。幸福を感じられる場所へ戻れるよう、我々はできることをすべてやった。しかし、違約金が設定されていない(パリ・サンジェルマンの)契約に跳ね返された」と嘆きながらも、「近い将来にバルセロナへ戻る可能性がなくなったわけではない」とも語っている。

 とはいえ、「バルセロナでそれほど幸せだったのなら、なぜクラブとサポーターの猛反対を押し切って自ら退団したのか」というのは、誰もが抱く疑問だろう。

 2017年8月にパリへ移籍した当時、その理由について本人は「クラブの壮大なプロジェクトに賛同したから」と言い張った。実際のところは、バルセロナにいたら偉大なリオネル・メッシの陰に隠れていつまでたっても世界一の選手になれないこと、また移籍によって代理人の父親ともども巨額の収入を得ること、の両方だろうと誰もが受け止めた。

 9月の代表2連戦でのプレー内容は、率直に言って物足りなかった。しかし、これは来年3月に始まる2022年ワールドカップ南米予選への準備の一環にすぎない。セレソンは、今年のコパ・アメリカを制覇する過程を通じて、すでにチームの土台ができている。コパ・アメリカを欠場したネイマールにしても、当面、レギュラーの座は揺るがないだろう。

 問題は、今後の彼のクラブでのプレー内容だ。あれだけ公然と移籍を志願したせいで、当然のことながら、クラブとチームにおける彼の立場は著しく悪化している。2年前に「救世主」として大歓迎されたときとは、ほぼ真逆の状況だ。今後、プレー内容が悪ければ、地元メディア、サポーターからこれまで以上に厳しい批判を受けるのは間違いない。

 ネイマールは自由奔放に見えるが、実は繊細で小心とも言える性格の持ち主だ。故障と移籍騒動でプレシーズンの調整が万全でなかったことに加え、このような逆境にどこまで耐えられるのか。

 今季のネイマールのパフォーマンスは、セレソンにとっても重大な意味を持つ。本来のプレーができない場合、チッチ監督はどこまで我慢するのか。これまでのように彼をチームの中心に置くのではなく、単なる一選手として扱うようになる事態も十分にありうる。

 ネイマールは、重大なピンチに直面している。今季、とりわけこれからの数カ月間が、彼の今後のキャリアを大きく左右するのは間違いない。