月9ドラマ『シャーロック』場面写真(左から)ゆうたろう、ディーン・フジオカ

写真拡大

 俳優・ミュージシャンのディーン・フジオカが主演を務める10月7日スタートの月9ドラマ『シャーロック』(フジテレビ系/毎週月曜21時)に、モデル・俳優のゆうたろうがレギュラー出演することが発表された。謎多き情報屋の少年を演じる。

【写真】月9ドラマ『シャーロック』に出演する「ゆうたろう」

 本作は、コナン・ドイルの傑作古典ミステリー小説『シャーロック・ホームズ』シリーズを原作に、令和の東京を舞台にスリリングかつ痛快なテイストで映像化したミステリーエンターテインメント。ディーンが原作でのホームズにあたる主人公・誉獅子雄役で月9初主演を務めるほか、EXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典が相棒のワトソンにあたる若宮潤一を演じる。

 ゆうたろう演じるレオは、原作に登場する情報屋として生計を立てるストリートチルドレンがモデルになっている。過去に誉獅子雄(ディーン)に拾われて以来、獅子雄の指示で犯人とおぼしき人物を尾行し、有益な情報をつかんで報酬をもらっているレオは、16歳でありながら年上の獅子雄に生意気な口をきくこともしばしば。しかし、その優秀なリサーチ力を武器に対等な関係を築いている。基本的な移動手段はスケートボード。普段は生意気な態度で口調も荒いレオだが、スケボーに乗っているときの動きはとてもしなやかで美しい。

 月9ドラマ初出演となるゆうたろう。スケボーは全くの未経験で、最初はかなり苦戦したというが、猛特訓の成果もあり、今ではかなりレベルアップしたと自信をみせる。

 初共演となったディーンについては「はじめは緊張していたんですけど、ディーンさんのほうから優しく話しかけてくれて緊張もすぐに解けました」と明かした上、「とにかくカッコイイんです!(笑)ふとした表情でも絵になる方だなっていつも思っています。そして、ディーンさんは自分の意見を持っている方。誰も気を使わないで我慢しない良い空気感を作ってくださるので、ありがたい環境でお芝居させていただいています」と話している。

 月9ドラマ『シャーロック』は、フジテレビ系にて10月7日より毎週月曜21時放送(初回30分拡大)。