日中ハーフ美女双子の姉のじゅり(左)と妹のえり(右)。パンダ姿で週プレのグラビアに登場

写真拡大 (全2枚)


『週刊プレイボーイ』のグラビアに初登場した姉のじゅり(左)と妹のえり(右)

双子動画で人気急上昇中の日中のハーフ美女、じゅり&えりが、9月14日(土)発売『週刊プレイボーイ39・40特大合併号』のグラビアに初登場!

9月6日に次世代リアルネオ双子アイドル"jURiERi(じゅりえり)"としてデビューした美人すぎる姉妹から目が離せない!

* * *

■不器用すぎる姉としっかり者の妹

――週プレ初のグラビアはどうだった?

じゅり 素直に夏を感じたなって。今年、夏らしいことをしていなかったので、屋上でホースから水をかけられながら跳んだり跳ねたりの撮影が楽しかったです。カメラマンさんもビショビショになってたし(笑)。

えり 週プレさんに自分たちが載るなんて想像もしていなかったので、高校生活の中で一番の思い出になりました。私たち双子"らしさ"が出せていると思います。

――今回の撮影のタイトルをつけるとしたら?

じゅり 「チャイニーズ赤リップtwins!」?

えり なんでよ(笑)。

じゅり だって私たち日本と中国のハーフだし、衣装パンダだったし、赤リップつけたし。

えり まんまじゃん! 私たちも18歳になって大人になったと思うんです。だから、「成長した双子」とか?

じゅり そっちのほうがまんまだよ!

――双子の姉がじゅりちゃん、妹がえりちゃん。ここでお互いを紹介してください。

えり 私は妹なんですけど、人には95%くらいの確率で「姉だよね?」って言われます。たぶん、じゅりは話すのもゆっくりだし、マイペースだから。あと小心者で抜けてて、ネガティブなのもじゅりです。

じゅり ね〜、全部悪口じゃん! でも、確かにえりのほうが器用ですね。料理だったり、花を育てることだったり。

えり じゅりが不器用すぎるんだよ(笑)。

じゅり この前もミニひまわりを育てていて、芽が出たと思ったらすぐに折れちゃったし......。

えり じゅりはセンスがないんです。スープ作っても激マズだし、バレンタインのときに作った友チョコのカップケーキも爆発して、虫みたいな形になってたからみんなに「いらない......」って。

じゅり あれ見た目だけじゃなくて味もヤバかったらしい......。おかしいな〜、簡単キットの説明どおりに作ったのに......。でも、えりだって妹っぽいところあるよ、朝、全然起きられないし。

えり ね〜、いつもそれ言うけど、じゅりが私に勝ってるのってそこだけでしょ!

――ちょっと、ケンカしない!

えり ごめんなさい。よく「ケンカしないで」って言われるんですけど、私たちの中では普通に話しているだけなんです。

じゅり うん。お互い、ちょっと言い方がキツいんですよね。言いたいことをパッと言っちゃうのは双子だからってことと、あとは中国の文化もあると思う。

――では、お互いにキャッチフレーズをつけるとしたら?

えり じゅりは「心が優しいナマケモノ」。合ってるでしょ?

じゅり 確かに。えりは「基本、なんでもできるけどダイエットだけできないGIRL」。おすしを60貫とか食べちゃうんですよ。

えり 食べたっていいでしょ!

――ふたりは体形も同じだし、まったく太ってないじゃん。

えり どちらかが太っても合わせなきゃってなるから痩せるね。

じゅり そこはやっぱり双子なんで。私たちのお父さんが体重100kg超えなんです。気をつけないと、私たちにも絶対デブ遺伝子あるよ。

えり 中国に行くと平気で体重50kgとかになるもんね。中国の料理って油がすごいから太るんですよ。

じゅり でも、日本に帰ると体重戻るから、やっぱり日本食ってスゴイ!

■衣装の水着をめぐる双子あるある

――双子の神秘とかって言うけど、好きなものや趣味が一緒だったりする?

えり 子供の頃、お母さんがデザインの違う服を買ってきて「選んでいいよ」って言われたら、だいたい同じものを選んでました。

――今回の撮影の水着選びでも同じものを選んでたね。

じゅり でも、えりが選ぶと思ったから譲りました。

――後から「やっぱり、こっちでよかった」って言ってなかった?

じゅり いや、あれは強がりです(笑)。本当は、えりが着たやつのほうが好きでした。

――好きな男性のタイプもかぶるの?

えり ないですね!

じゅり まったくかぶりません。

――どっちのほうがモテるの?

じゅり 断然、えりです。もし、えりと一緒に合コンに行ったとしたら絶対、男子はえりにいっちゃうと思う。料理とかキレイに取り分けそうだし。

えり じゅりはワガママだけど、甘え上手なところもあるから、個人戦ならいけるよ!

――勉強や運動は、どっちができるの?

えり じゅりのほうがちょっとだけバカです(笑)。

じゅり 運動もえりのほうが得意です。えりはバレーボール部の部長だったのに、私は3年間ずっとベンチでした。それどころか「アイツ、走るの変じゃない?」って、逆に男子から注目を集めたりしてツラかった......。

――双子に生まれて得したことと、損したことはある?

えり 損とは思ってないけど、小さい頃、おそろいの服を着るのはすっごくイヤだった。

じゅり 私も! お母さんのこだわりがスゴくて(苦笑)。

えり 一番イヤだったのが、お母さんがブーツを白と黒の2足買ってきて、右足は黒、左足は白みたいに互い違いに履かされて。

じゅり 子供にはちょっとハイセンスすぎだったよね(苦笑)。

えり 髪型も前髪をオールバックにさせられたり。イヤすぎて「その髪型、イヤ!」って言ったら、めっちゃ怒られたんです。

じゅり 怒られて号泣したよね。

――双子で得したことは?

えり やっぱり常に話し相手がいるのっていいですよね。

じゅり 私もそう思います。

――最後に今後の目標は?

えり "jURiERi"というアイドルユニットとしてデビューしたんですが、歌も演技もグラビアもやりたいしって、まだまだ模索中なので、まずは"じゅりえり"の存在を知ってもらって、いずれ個々でも活躍できるようなタレントになりたいです。

じゅり 私の今の目標は『クレヨンしんちゃん』シリーズの映画の主題歌を歌うことです。春日部市民なので、それが叶ったら何より誇れます!

●じゅりな&えりさ 
2001年5月28日生まれ 埼玉県出身 
身長156cm 体重43kg 血液型=A型 
○リアルネオ双子アイドル"jURiERi"3曲入りのシングルCD『CHOP STiCKS GiRL ep』が12月に発売予定。
公式Twitter【@jurieritwins】 
じゅりな公式Twitter【@juuuuuuriiii】 
えりさ公式Twitter【@eripooo3】

取材・文/西山麻美