あおり運転し“エアガン発射” 40歳の男を逮捕

写真拡大

 愛知県の東名高速で男があおり運転をしたうえ、エアガンのようなものを発射した事件で、逃走を続けていた40歳の男が兵庫県尼崎市内の警察署に出頭して逮捕されました。そして、男の身柄は愛知県に移送されました。

 (山田寛明記者報告)

 事件から1週間。容疑者の出頭という形で逮捕に至り、14日午前5時ごろに愛知県豊田警察署に身柄が移送されました。器物損壊の疑いで逮捕されたのは尼崎市の無職・佐藤竜彦容疑者です。警察によりますと、佐藤容疑者は8日の朝に東名高速上りで前を走る車にエアガンのようなものを発射して車体を傷付けた疑いが持たれています。佐藤容疑者はあおり運転を繰り返した疑いもあり、事件の後にワゴン車を岐阜県瑞浪市の中央道上りの路肩に乗り捨てて逃走していました。14日午前0時半ごろになって佐藤容疑者が尼崎市内の警察署に出頭したということです。佐藤容疑者は「私がやったことに間違いありません」と容疑を認めています。