ティザーPVも公開中 (C)FUNA・亜方逸樹/アース・スター
エンターテイメント/のうきん製作委員会

写真拡大

 10月放送のテレビアニメ「私、能力は平均値でって言ったよね!」のメインキャストが発表された。主人公のマイル役を「世話やきキツネの仙狐さん」の和氣あず未、彼女とパーティ「赤き誓い」を結成するツンデレ魔術師のレーナ役を徳井青空、美男子のような剣士の少女メーヴィス役を内村史子、温和な魔術師のポーリンを田澤茉純が担当する。4人の登場シーンを収録したティザーPVも公開中だ。

 原作は、FUNA氏によるシリーズ累計55万部を突破する人気小説。事故をきっかけにファンタジックな異世界に少女・マイルとして転生することになった優等生の栗原海里(くりはらみさと)が、新たな人生では普通の生活を送ることを願い“平均値の能力”を求めるも、規格外の力を得てしまい戸惑う姿を描く。

 また、同作の制作スタッフも明らかになった。「干物娘!うまるちゃん」などを手がけた、太田雅彦監督とシリーズ構成のあおしまたかしによるタッグが再結成。キャラクターデザインは渡辺奏が務め、アニメーション制作は「ロウきゅーぶ!」「りゅうおうのおしごと!」のproject No.9が行う。太田監督は「長く監督をしていますが、ラノベのアニメは初めてであり、小説の情報量をそのままアニメにすることはマンガ原作よりも難しいものなのだと知る良い勉強になりました」と新たな挑戦について語り、「原作のポイントは抑えつつ、ギャグ、シリアスを交えつつ、楽しく可愛い娯楽作品を目指しています。『赤き誓い』4人の友情物語、楽しみにしていただければ幸いです」と呼びかけている。