Photo: Adobe Stock

写真拡大

倒産寸前から、売上「3倍」、自己資本比率「10倍」、純資産「28倍」、25年連続黒字!?
今から25年前の1993年3月。メインバンクからも見放された「倒産寸前の会社」があった。
その名は株式会社日本レーザー。1968年創立、東京・西早稲田にある、総勢65名の小さな会社だ。
25年前、火中の栗を拾わされた、近藤宣之・新社長を待っていたのは、「不良債権」「不良在庫」「不良設備」「不良人材」の「4つの不良」がはびこる《過酷な現場》だった。
近藤が社長就任の挨拶をすると、社員みんながそっぽを向いた。
「どうせ、すぐ辞めるんだろう……」
そんな状況を「一寸先は闇しかなかった」と近藤は振り返る。
しかし、この後、さらに「25の修羅場」が待っていた!
◎生後まもなく、双子の息子が急死
◎41歳で胃潰瘍、42歳で十二指腸潰瘍、47歳で大腸ガン、その後嗅覚喪失
◎腹心のナンバー2(筆頭常務)の裏切りに遭い商権喪失。売上2割ダウン
◎親会社からの独立時に、妻に内緒で「6億円の個人保証」
◎どんなに頑張っていても、たった1円の円安で年間2000万円もコストアップ
◎ある日突然、海外メーカーから「メール一本」で契約打ち切り(その数、計28社)
それがどうだろう?
倒産寸前の25年前と比較し、直近では、売上「3倍」、自己資本比率「10倍」、純資産「28倍」。10年以上、離職率ほぼゼロ。しかも、第1回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の「中小企業庁長官賞」を皮切りに、経済産業省の「ダイバーシティ経営企業100選」「『おもてなし経営企業選』50社」「がんばる中小企業・小規模事業者300社」、厚生労働省の「キャリア支援企業表彰2015」厚生労働大臣表彰、東京商工会議所の第10回「勇気ある経営大賞」、第3回「ホワイト企業大賞」を受賞。新宿税務署管内2万数千社のうち109社(およそ0.4%程度)の「優良申告法人」にも認められたという。
絶望しかない状況に、一体全体、何が起きたのだろうか?
「壮絶な修羅場のエピソードだけでなく、その修羅場をどう乗り切ったかの全ノウハウをすべて書き尽くした」という『倒産寸前から25の修羅場を乗り切った社長の全ノウハウ』が発売たちまち大反響!「25の修羅場」とは? 「全ノウハウ」って?

「ダメだ」と思うからダメになる

 30歳のとき、労使関係民主化の修羅場にいた私は、リストラや企業再建に夜を徹して取り組み、いつ倒れてもおかしくないほど、気力と体力が失われていました。

 そんなとき、知人に勧められたのが、働きながらの「断食」です。

 私は、「停滞する自分をなんとかしたい」という一心で、株式会社ハピネス代表取締役の隆久昌子先生のもとを訪れました。

 少しずつ食事の量を減らし、一週間かけて胃を小さくしてから水だけの完全断食生活に入り、少しずつ食事を戻していく(すりおろしたリンゴを食べる)という3週間のプログラムです。

 断食2日目くらいから力が出なくなり、駅の階段を上っただけで、息も絶え絶えになるほどでした。

 隆久先生に電話をかけ、「足も上がらないほど、力が出ません」と相談すると、先生にこう言われました。

「近藤さん、あなたは今、『断食をしているから、力が出ない』と思っているでしょう? そう思っているから動けないだけです。
 人間は誰でも、宇宙のエネルギーをもらって生きています。
 そのことに気がつけば、断食をしていても動けるはずです。
 ダメだと思うからダメになるのであって、大丈夫だと思えば大丈夫です」

 先生の助言にしたがって、
「べつに、食べなくても大丈夫だ」
 と意識を変えてからは、重い足取りが軽くなり、ランナーズ・ハイ(長時間走り続けると気分が高揚してくる作用)に近い状態になって、逆に力がみなぎってきたのです。

 五感が研ぎ澄まされたような、不思議な感覚でした。
 3週間のプログラムを終えたとき、私の体重は10キロ減っていました(専門家の指導のもと行ったものですので、自己流でマネしないでください)。

 体の変化にも驚きましたが、それ以上に効果があったのが、「心」の変化でした。
 心にこびりついた垢のようなものが排出された気がして、小さなことでは悩まなくなったのです。

 流血も辞さないほどの労働争議も経験する中で、あるとき、隆久先生が私にこうおっしゃいました。

「近藤さん、『やった、やられた』『切った、切られた』を繰り返しても恨みが残るだけです。
 傷つけられたり、暴力を受けたりする可能性があるのなら、その場から立ち去ったほうがいい。
君子危うきに近寄らず、です。
 けれど『社会の厳しさから逃れてもいい』『過保護でいい』と言っているわけではありません。
 何事もなく平穏な生活を続けていては、人間は成長しないからです。
 時に『虎穴に入らずんば虎子を得ず』ですよ」

 私が、
「では、どういう体験をすれば、人間は成長するのですか?」と問うと、衝撃的な答えが返ってきました。

「人を恨めない、天も恨めないほどの理不尽な経験が人を成長させます。
受け入れがたい苦難が降りかかってきたとき、自分の運命を呪わず、悲劇と思わず、
『これも必然である。これも必要である。これも人生である』
『この苦しみも、いずれ糧となる』
 と思えたとき、人は成長するのです」

「ありえないレベル」の修羅場に直面しても、「ありえない」と思わない。

 想定外の事態が起きても、「まだ、これだけの可能性が残っている」と真摯に受け止め、頭をフル回転させて、「自分にできることは何か」を考える。

 誰も恨まず、問題を自分の外側に置かず、「解決可能な問題」として、自分の内側に取り込んでいく……。

 こうした「修羅場経験」を積み重ねながら、人は成長していきます。

 経営者にとって大切なのは、逆境やトラブルや困難でさえ、
・「起こったことのすべてが自分には必要である」
・「この経験があるから自分が成長できる」
 と受け入れ、乗り越える努力をすることです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)