湖南省武漢市楊泗港の高速道路・青菱区間で11日、長さ248メートル、重さ1万8000トンの斜張橋の橋桁が、時計回りと反対方向に77度旋回した後、前日に105度旋回した長さと重さが同じ橋桁との閉合に成功した。

写真拡大

湖南省武漢市楊泗港の高速道路・青菱区間で11日、長さ248メートル、重さ1万8000トンの斜張橋の橋桁が、時計回りと反対方向に77度旋回した後、前日に105度旋回した長さと重さが同じ橋桁との閉合に成功した。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

同作業が完了し、幅、広さともに世界最大の旋回架設式斜張橋がほぼ完成した。武漢市楊泗港高速道路の青菱区間にあるこの斜張橋は、長江に架かる橋としては初の二層構造で、楊泗港長江大橋の重要な関連プロジェクトだ。斜張橋は全長508メートル、平均幅は44メートル、最も広い所で幅46メートル。長さ、幅ともに世界最大の旋回架設式の橋で、世界初の単独塔スチールボックス橋梁半浮体式の旋回架設式斜拉橋となった。(提供/人民網日本語版・編集/KN)