12日、観察者網は、ソロモン諸島のマナセ・ソガバレ首相が「台湾は役に立たない」との見方を示したと伝えた。資料写真。

写真拡大

2019年9月12日、観察者網は、ソロモン諸島のマナセ・ソガバレ首相が「台湾は役に立たない」との見方を示したと伝えた。

記事は、「ソロモン諸島が台湾と断交するのではないかとの情報が出てから数カ月が経過した」と述べた上で、ソロモン諸島外相のこのほどの台湾訪問を蔡英文(ツァイ・インウェン)政権は「国交安定のシグナル」と指摘したと説明。しかし、外相が台湾を離れないうちから、ソガバレ首相は「断交の考えに変わりがないかのような態度」を示したという。

記事は、豪紙オーストラリアンが報じた中国問題専門家のソガバレ首相に対するインタビューの内容を紹介。この中でソガバレ首相は「率直に言って、経済と政治に関わることで、台湾は私たちにとって全く役に立たない(Taiwan is completely useless to us)」と語ったそうだ。

また、ソガバレ首相は、インタビューの中でオーストラリアによるこの地域での覇権に不満を示し、中国ならばオーストラリアの態度を全く意に介することはなく、同時に主権国家の決定を尊重してくれるとの考えを表明。中国との国交樹立の見込みについては楽観的な見方を示し、「国内には異なる意見もあるが、この変化が起きればすぐに受け入れられる」としたという。

その上で記事は、オーストラリアンの報道を引用し、「ソガバレ首相の政治生命は台湾および中国との関係をどのように扱うかと密接な関係がある」と指摘。「今年5月、ガダルカナル島などの国会議員がソガバレ首相に半年以内の中国との国交樹立を求めた。達成されない場合、同首相は不信任動議に直面する」と説明した。

また記事は、オーストラリアンが「ソガバレ首相の言葉は、台湾との断交を準備し、中国と国交樹立しようという強いサインだ」と指摘したと紹介。これはソロモン諸島が、中国を認めるのかそれとも台湾との外交関係を維持するのかを決定する準備をしていることの表明だと分析した。(翻訳・編集/山中)