テレビアニメ『新サクラ大戦 the Animation』ティザービジュアル

写真拡大

 PlayStation4用ゲームソフト『新サクラ大戦』がテレビアニメ化されることが発表され、タイトルを『新サクラ大戦 the Animation』として2020年に放送されることが決定した。「帝国華撃団・花組」の隊員である天宮さくらを中心にした『新サクラ大戦』の新たな物語が描かれる。

【写真】アニメ『新サクラ大戦 the Animation』ビジュアル&ゲームパッケージ写真

 原作となるゲームソフト『新サクラ大戦』は、架空の「太正時代」の帝都・東京を舞台に、悪と戦う「帝国華撃団」の活躍を描くドラマチック3Dアクションアドベンチャー。メインキャラクターデザインには「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載された漫画『BLEACH』の作者として知られる久保帯人を起用。これまでのシリーズでも多数の楽曲を提供してきた田中公平氏が音楽を手がけ、ストーリー構成は、ゲーム・TVアニメ・映画とメディアの枠を超えて活躍するイシイジロウが担当する。

 今回発表されたのは、その『新サクラ大戦』のテレビアニメ化となる『新サクラ大戦 the Animation』。主人公・天宮さくらを声優の佐倉綾音が担当し、阿座上洋平、内田真礼、山村響、福原綾香、早見沙織、富沢美智恵と実力派の声優が脇を固める。

 『ソードアート・オンライン アリシゼーション』『境界線上のホライゾン』『咲‐Saki‐シリーズ』など数々のヒット作を手がけた小野学を監督に迎え、シリーズ構成は『ハイスコアガール』や『境界線上のホライゾン』で知られる浦畑達彦が小野と共同で務める。アニメーション制作は、ゲームのオープニング映像やアニメムービーパートを手掛ける株式会社サンジゲンが担当。オープニング曲は、ゲームの主題歌でもある『檄!帝国華撃団<新章>』(作詞:広井王子、作曲:田中公平)に決まった。

 テレビアニメ『新サクラ大戦 the Animation』は2020年放送。