「ハイスコアガールII」エンディング主題歌、第1期からやくしまるえつこ続投

写真拡大 (全2枚)

(C)押切蓮介 /SQUARE ENIX ・ハイスコアガール製作委員会

押切蓮介氏のラブコメディ漫画をテレビアニメ化する「ハイスコアガールII」のエンディング主題歌を、第1期「ハイスコアガール」の「放課後ディストラクション」に引き続き、やくしまるえつこが歌うことが決定した。

「ハイスコアガール」は、格闘ゲームの大ブームが巻き起こった1990年代を舞台に、ゲーマー少年の矢口春夫(通称ハルオ)と、無口なお嬢様ながら、卓越したゲームの腕前をもつ大野晶がゲームを通じて交流する様子を描く物語。テレビアニメ第1期「ハイスコアガール」(ROUND1〜12)は2018年7〜9月に放送され、後日談の「ROUND13〜15」は19年3月20日からNetflixでの配信などが行われ、10月4日から地上波テレビ初放送。その後、10月25日から第2期「ハイスコアガールII」がスタートする。

第1期でのやくしまるの起用は、押切氏たっての希望で実現。当時、同氏は「やくしまるさんは、大野さんの心の代弁者。もしくはミュージシャンになった大野さんそのものでねぇのか。直々に頼んで本当に大正解でした」と絶賛していた。第2期エンディング主題歌の楽曲タイトルは「アンノウン・ワールドマップ」で、10月30日にリリースされる。