キャメロン監督、「アベンジャーズ」は“映画界の希望”

写真拡大

ジェームズ・キャメロンは、「アベンジャーズ/エンドゲーム」が「アバター」の興行収入記録を更新したことを“映画界の希望”だと捉えているようだ。キャメロンは、自身がメガホンを執った2009年作「アバター」の記録を「エンドゲーム」が抜くまで、人々があまり映画館に行かなくなるのではと懸念していたという。

キャメロンはデッドラインにこう語っている。

「『アベンジャーズ/エンドゲーム』が、人々がまだ映画館に足を運ぶということを証明してみせた」
「『アバター2』や『アバター3』を製作することで最も恐れていたことは、マーケットが大きく変化し、真っ暗な部屋で他人と一緒に座りながら映画を観るということに人々は興奮しないんじゃないかということだったんだ」

またキャメロンは「アバター」シリーズの新作2本で「エンドゲーム」の記録に挑むことになるが、「『アバター2』や『アバター3』は、そんな精神時代の中でこうも成功できるだろうか?誰も分からないことだ。挑戦しているところだからね」「できるかもしれないし、できないかもしれない。でも可能性はあるということだ」「それが分かっただけでも満足している。誰もが自分に合った配信サービスや異なるプラットフォーム全てに登録し、独自の体験をすることができることが急速に発展し、(映画館の可能性が)これ以上なくなるという反対のシナリオではなくてね」と続けた。

「アバター」は世界中で27億8960万ドル(約2985億円)もの興行収入を記録していたが、ルッソ兄弟がメガホンを執った「エンドゲーム」は合計27億9620万ドル(約2991億円)と、僅かながら「アバター」の記録を塗り替えていた。