【サイン色紙プレゼント】『ディセンダント3』ダヴ・キャメロン&ブーブー・スチュワート直撃インタビュー

写真拡大 (全2枚)

ディズニーの人気キャラクターに「もし子孫がいたら?」という斬新なアイデアから生まれたディズニー・チャンネルの人気オリジナル・ムービー『ディセンダント』。いよいよ本日9月13日(金)よりファン待望の3作目がディズニー公式エンターテイメントサービス「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」で先行配信スタート。海外ドラマNAVIでは、本作プロモーションのために来日したマル役のダヴ・キャメロンとジェイ役のブーブー・スチュワートに直撃取材! 作品の魅力や撮影裏話はもちろん、ヘアメイクのこだわりや、お気に入りのTVドラマまで、ここでしか聞けない話もたっぷり語ってもらった。お互いの回答中に相槌を打ったり、ブーブーの髪をダヴが指で絡めたりなどスキンシップも満載で仲の良さが伝わるインタビューとなった。

【関連記事】日本到着時、空港でファンに大歓迎されるダヴ・キャメロン&ブーブー・スチュワートの様子はこちら

――『ディセンダント3』の見どころを教えてください。

ブーブー:まず僕たち自身が楽しんで作った作品だということが、観てもらえたらわかると思う。撮影も楽しかったし、キャスト全員で素晴らしい時間を過ごしたよ。僕たち本当に仲がいいんだ。これって特別なことだと思う。そんなところを感じてもらえたら嬉しいよ。

ダヴ:そうね、それは間違いないわ。それから3作目に関して言うと、これまでの作品のなかでも最高の音楽、ミュージカルナンバーが繰り広げられていて、感情面でもこれまで以上に深く掘り下げられていることを感じとってもらえると思う。それぞれのキャラクターたちの関係性や音楽を楽しんで欲しい

【関連動画】『ディセンダント3』予告編はこちら

――音楽とダンスが詰まった作品ですが、特に大変だったミュージカルナンバーを挙げるとしたら?

ダヴ:全部チャレンジングだったわ(笑)『ディセンダント』シリーズは、演技して、歌って、踊らなきゃならなくて...しかもそれが作品ごとにハードになっていくんだけど、私たち俳優にとってはパフォーマーとして成長できる素晴らしい作品だと思う。今作では「Night Falls/ナイト・フォールズ」という曲が一番大変だったかな。だって、演技、歌、ダンスに加えて、剣を使ったアクションもあったから。でも、「Good to Be Bad/グッド・トゥ・ビー・バッド」もチャレンジングだった。ダンスはそんなに難しくなかったけれど、場所を4回も移動して撮影したし、何日もかかったの。

【関連記事】【追悼】『ディセンダント』ダヴ・キャメロン、急逝したキャメロン・ボイスに贈る言葉

ブーブー:そう! 本当にいろんな所で撮影したよ。僕にとっては「Good to Be Bad/グッド・トゥ・ビー・バッド」の振付けが一番チャレンジングだった、凄く大変だったよ。どのダンスシーンでもそうなんだけど、「台なしにしちゃいけない」っていう恐怖心はいつもある。だって、僕たちの真後ろにキレキレのダンスを踊っている30人ぐらいのプロのダンサーがいるんだよ(笑)そんな人たちに囲まれて「なんで僕らがセンターで踊ってるの⁉ 失敗したら大変だ」なんて思いながら撮影に臨んでいたんだから(笑)

【関連記事】『ディセンダント』3作目、マルの謎の父親役は『アメホラ』のあの人!?

――ディズニーにはさまざまなヴィランズがいますが、自分のキャラクター以外で演じてみたいヴィランはいますか?

ダヴ:私がマルじゃなかったら、ハリー(フック船長の息子)を演じてみたいかな。いたずらっ子のようだし、それでいて一番怖さや深みを出せるキャラクターだと思う。トーマス(・ドハーティ)は『バットマン』のジョーカー的な解釈でハリーを演じていて、それを製作側が気に入ったからそうしているんだけど...フックの女性版みたいなキャラクターができたら、邪悪で怖いヴィランになると思うから是非演じてみたいな。


ブーブー:僕は、上手く演じられるかどうかわからないけど、『ライオンキング』のスカーの息子を演じられたらいいな。スカーの声が好きなんだ。彼の声はとてもパワフルだし、キャラクターとしても強いから大好きなんだよ。

【関連記事】ダヴ・キャメロン『ディセンダント』から『エージェント・オブ・シールド』まで〜ディズニー・チャンネル出身の若きスター〜

――衣装やヘアメイクなどがとても素敵な作品ですが、今作のこだわりを教えてください。

ダヴ:ブーブーのナチュラルヘアは完璧よ、だから何もしてないわ。カワイイ(笑)

ブーブー:僕だけなんだよ、4人のなかで唯一髪に何もしていないのは。自分としては素の自分とちょっと違うことができたら良かったのにと思うけどね。


ダヴ:コスチュームデザイナーが、『スター・ウォーズ』のプレミアに出席した時の私の写真を見て、センター分けにして肩より少し長いぐらいのヘアだったんだけど、それを気に入って、その時の髪型をベースにマルのウィッグをつくったの。自分でも今までのマルの髪型のなかでいちばんのお気に入りよ。衣装も、今まででいちばん自分たちの意見を反映させてもらっているの。あと、アイメイクはいつも自分でしてるのよ!

【関連記事】【まとめ】『ディセンダント』のあの人や人気スターの身内も!1998年生まれの海外スター

――話は変わりますが...ダヴさんのインスタグラムに『ゲーム・オブ・スローンズ』のスクリーンショットが掲載されていましたが、ファイナルまでご覧になりましたか?

ダヴ:ええ、全部観たわ、リアルタイムではなかったけれどね。普段は好んで観るタイプの番組じゃないのよ、「女性をモノ扱いする」というか、そんな描写が多いと友人たちから聞いていたから最初はあまり興味がなかったの。ところが一度観始めたらもう止まらなくなって。特にサーセイや、アリア、プライベートでも親しいソフィー・ターナーの演じるサンサ、この3人の女性キャラクターが本当に素晴らしかった! そしてこの3人の女優さんたちの演技がもう忘れられなくて。もちろんラニスター家も全員素晴らしくて感動したわ

【関連記事】セレブもこんなに夢中!『ゲーム・オブ・スローンズ』を愛する21人

――お気に入りのTVドラマを教えてくれますか?

ブーブー:『ウエストワールド』! すっごくいいよ。

ダヴ:そうね...私は結構コロコロ変わるんだけど、最近一番ハマったのは『チェルノブイリ』。素晴らしかった。それから2シーズンで打ち切られちゃったけど『プッシング・デイジー 〜恋するパイメーカー〜』は昔から大好きな番組よ。それから『ドクター・フー』も子どものころ夢中になったし、『MAD MEN マッドメン』にはもの凄くハマったわ(笑)それから『ナルコス』も!


――まだ『ディセンダント』シリーズを見たことない人に、本作の魅力をどうやって伝えたらいいでしょうか?

ブーブー:まず『ディセンダント』の音楽を聴いてもらうといいと思う。特に『ディセンダント3』の音楽はとても多様で、ブロードウェイ・スタイルのもの、ロック、ラップ、90年代ヒップホップ調のものまであるから、どんな人も気に入る音楽が見つけられると思うよ。

ダヴ:『ディセンダント』は、すべての年代の人にアピールする作品だと思う。性別問わず気に入ってもらえると思うし、ヴィジュアルがカラフルだから小さな子どもたちにもね。音楽やエネルギーやたくさんの魔法が詰まっているし、ティーン世代には共感できるところが多く見つけられると思う。親世代の人たちからは「子どもと100回見ても苦にならない。楽しめる」といってもらえているわ。私たち自身も全身全霊を注いだ作品だから、きっと楽しんでもらえると思う!

『ディセンダント3』配信・放送情報

『ディセンダント3』は、「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」で9月13日(金)から先行配信ののち、全国のケーブルテレビおよびBS・CS放送のディズニー・チャンネルでこの秋に放送予定。また、『ディセンダント』と『ディセンダント2』もDisney DELUXEで配信中。

【特別企画】ダヴ・キャメロン&ブーブー・スチュワートのサイン色紙をプレゼント!

今回が2度目の来日となるダヴと初来日のブーブー。色々な質問に気さくに答えてくださった二人にサインをいただきました。直筆サイン入り色紙を抽選で2名様にプレゼントいたします。ご希望の方は、下記の応募方法にてご参加ください!



海外ドラマNAVIのTwitter(@dramanavi)をフォローの上
「◆プレゼント企画!◆」と記載のあるツイートをRT

※当選確率アップ!※
この記事のURL(https://dramanavi.net/drama/column/2019/09/3-12.php)に
#海外ドラマナビプレゼント」のハッシュタグと一言(作品やキャストへの応援メッセージ、作品の感想、記事に対する感想など)を添えてツイートしていただけると、当選確率がアップします!

<応募期間>
2019年9月13日(金)〜9月30日(月)

当選者には、海外ドラマNAVIのTwitterアカウントよりDMにてご連絡を差し上げます。
※非公開アカウントからのご応募は抽選対象外となりますのでご注意ください。
※色紙の柄は写真と同じでない場合がございます。ご了承ください。

皆様のご応募をお待ちしております!

Photo:『ディセンダント3』©Disney