世界に向けてメッセージを送ったブラッド・ピット (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 ハリウッド俳優のブラッド・ピットが13日、都内で開催された映画『アド・アストラ』(9月20日、日米同日公開)のジャパンプレミアで舞台あいさつを行った。この日の模様は後日、世界に向けてネット配信される予定があり、日本だけでなく、世界中の映画ファンに向けたメッセージを求められると、ピットは「World?」と笑って驚きを表し、少しはにかみながら「Just be nice to everyone. Just be nice each other.(みんなに優しくして、お互いに優しくね)」と呼びかけた。

【写真】客席に向かって爽やかに手をふるブラッド・ピット

 同映画は、ピットが初めて“宇宙”を舞台にした作品に挑み、「メン・イン・ブラック」シリーズや日本の缶コーヒーCMでもお馴染みのトミー・リー・ジョーンズが父親役で出演。主人公のロイが、宇宙の彼方で消息を絶った父の微かな情報をたどりながら、その謎の“答え”を探すために広大な宇宙へと旅立つ、衝撃の“救出”ミッションを描く。

 ピットは「テーマはいくつかある。親と子の関係もそうだし、宇宙を舞台にしたアドベンチャー映画でもあるけれど、自分自身を探す物語でもあると思います」と、作品内容をアピールした。

 約2年4ヶ月ぶり、12回目の来日となったピットは、「日本を満喫したいと思っていたけど、台風の影響でフライトがキャンセルになってしまった」ことを残念がり、「毎回、来日するたびに、次こそはと言っているけど、本当に次こそはゆっくり、仕事抜きで日本に来たいです」と話すと、観客から大きな拍手が沸き起こっていた。