「news23」視聴率低迷でも小川彩佳の“爆胸変化”が物語る新婚性活の充実度

写真拡大

 9月10日夜、男性視聴者の目を釘付けにしたのが、「news23」で司会を務める小川彩佳アナの“胸の膨らみ”である。

「第4次安倍内閣の組閣人事発表の前日だっただけに、番組では大きなパネルを使い人事予想をしたのですが、そこで立ちながら進行する小川のバストのボリュームに、ネットは《巨大化したのでは!》とザワつきまくっていましたね。組閣の内容などまったく耳に入らなかった視聴者も多かったのではないでしょうか」(テレビウオッチャー)

 その日の小川は、マスタード色の半袖ニットに黒スカート姿だったのだが、そのニットは相当なピタピタ具合で、ただでさえバストの輪郭を強調させるものだった。

「横向きの体勢になった際のドーンと前にせり出した盛り上がりは、かなりの迫力でした。しかも、歓喜する視聴者の声に応えるかのように、カメラがパネルをアップするのと同時に、しっかりと巨胸を捉えていましたからね。それにしても、彼女のバストは推定C〜Dカップと言われるのですが、Fカップをゆうに超える大きさに成長しているようにも見えました」(女子アナウオッチャー)

 2月にテレビ朝日からの退社と一般男性との結婚を発表後フリーに転身し、6月から「news23」に抜擢されている小川アナ。そのお相手は、医療系ベンチャーの代表であることが一部週刊誌により伝えられている。

「小川の1つ年上で35歳のイケメン。先ごろは、その夫の会社が宣伝手法を巡って提訴されていたことが『週刊文春』に報じられ、一方で小川はといえば、『news23』が視聴率低迷にあえいでいる状況。ただ、おたがい30代半ばの性が漲るお年頃。特に小川のバストの張り具合を見れば、夫婦生活の充実ぶりがわかるというものです」(夕刊紙記者)

 その夫婦仲の勢いで、世間の荒波を乗り越えていってほしいものである。