夏の疲れと仕事の疲れを解消!働く女子にオススメのポーズ

写真拡大

リンパの流れを促す「スキのポーズ」でリラックス

首のつけ根、ワキの下、股関節の3カ所には大きなリンパ節があります。リンパ節は老廃物をろ過してくれる場所。滞ると免疫力が低下しやすくなり、体の調子に大きな影響を与えます。肩を動かしたり、ワキを広げたり、首の後ろ側を伸ばすことで、リンパの動きを促しましょう。

今回ご紹介するのは「スキのポーズ」。肩と首にアプローチするポーズです。肩まわりをうまく使いこなして、ポーズを保ってみましょう。ポーズ中は筋肉が緊張しますが、その反動でポーズから抜けた時に力がスーッと抜けていきます。ポーズ中は吸う息と吐く息の長さと量を均等に。肩コリ解消や首まわりのリラックスにいいポーズですよ。

◇スキのポーズ(ハラーサナ)

1.仰向けになり、手は体側に置いておく。息を吸いながら、両脚をそろえて真上に伸ばす。この時には、まだお尻は床についていてOK。首に負担がかかるポーズなので、ブランケットなどを首の下に敷いてサポートするのもオススメです。

2.息を一度吐いて、吸いながら手で床を押してお尻を持ち上げ、息を吐きながら足先を頭上を越えた際の床に下ろしていく。つま先が床に着いたら、床に置いている両手をギュッと握り合い、腕全体で床を押す。太もものつけ根を引き上げ、アゴを上げ、吸って胸を開く。

胸とアゴの間にきちんとスペースを取ることがポイント。ポーズ後の開放感がやみつきになるポーズです。

夏の疲れと仕事の疲れ、どちらも体が緊張してこわばっています。そのままでいると、疲れが取れず、自律神経も乱してしまいます。積極的に体を動かして、ほぐしていきたいものです。

ライター:幸雅子
出典:『ヨガのきほん』/「初めての瞑想ギモンだらけ!」
監修:乳井真介/学芸大学にリラヨガ・インスティチュートを設立。自身が学んださまざまな優れたヨガのエッセンスを再構築し、体系化した日本発のスタイル「リラヨガ」を日本に普及させるために活動を開始する。