ダレン・クリス Photo by Axelle/Bauer-Griffin
/FilmMagic/Getty Images

写真拡大

 米テレビ界屈指のヒットメーカーであるライアン・マーフィが、現在準備中のNetflixオリジナルシリーズ「ハリウッド(原題)」でダレン・クリス(「glee グリー」「アメリカン・クライム・ストーリー」)と再タッグを組むことがわかった。

 クリスは9月6日(現地時間)、自身のインスタグラムに「『ハリウッド』の主演・制作総指揮として“マーフィの館”に舞い戻ることになったことを、胸を張って報告するよ」と、マーフィとのツーショット写真を添えて投稿。「昨年末にふたりでディナーをしたときに、ライアンが『若さと希望に満ちた時代物をやりたい』と漏らしたことから話が盛り上がって、1940年代のハリウッドを舞台にした群像劇というアイデアに行き着いたんだ。店を出る頃には、僕らは興奮しまくっていた。その2日後にNetflixが企画にゴーサインを出したと聞いて、ライアン・マーフィが持つ魔法の力を改めて実感すると同時に、(文字通り)ハリウッドでしか起こりえないことだなってしみじみ思ったよ」と、同作が誕生するに至った経緯を明かした。

 マーフィが「ハリウッド黄金期へのラブレター」と呼ぶ同作には、共同クリエイターのイアン・ブレナン、マーフィとともに制作総指揮にあたるクリスのほか、パティ・ルポーン(「アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団」)、ホランド・テイラーの出演が決定している。

 マーフィ制作総指揮の大ヒットドラマ「glee グリー」でブレイクを果たしたクリスはその後、「アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル」にゲスト出演。マーフィ手がける人気シリーズの第2弾「アメリカン・クライム・ストーリー ヴェルサーチ暗殺」では殺人鬼アンドリュー・クナナン役で新境地を開拓し、第76回ゴールデングローブ賞のミニシリーズ/テレビ映画部門主演男優賞、第70回プライムタイム・エミー賞のリミテッドシリーズ/テレビムービー部門主演男優賞に輝いた。

 クリスのインスタグラムの投稿によれば、「ハリウッド(原題)」は2020年5月、Netflixで配信される。