衣料通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOの前澤友作社長が辞任した。ヤフーによる株式の公開買い付けを受け入れ、ヤフーの完全子会社となる。前澤社長はタレントの剛力彩芽との交際、バスキアの絵画を123億円で落札、民間人初となる月旅行への参加を明言するなど、私生活でも多くの話題を提供していた。

前澤社長は「2023年に月への渡航を計画していて準備が進んでいます。月の渡航以外に、ももう1回宇宙に行くことになっています。そのためのトレーニングとかに時間を割くことが多くなる関係で、今回すっきり辞任させていただくことになりました」と語った。

会社が大きくなりすぎて個人プレーでは維持できず

経済ジャーナリスト・松崎隆司氏は「驚きました。創業社長はカマドの灰まで自分のものと考えて、事業を手放さないことが多いのに・・・」と語る。しかし続けて、「美術品の購入など、自社株を担保にして買ったものが多数あり、額はどのくらいかわかりませんが、前澤社長には多額の借金があります」と、買収劇の裏には借金問題もあるのではないかと指摘した。

さらに、ZOZOが今年3月(2019年)の連結決算が上場以来初めて減益、ZOZOスーツやキャンペーンの失敗、会社が大きくなりすぎて、前澤社長の個人プレーでは維持できなくなってしまったことなどを、松崎氏は売却の理由に挙げた。

マリンスタジアム命名権や米ゴルフトーナメント開催は継続

司会の小倉智昭「これまで、マリンスタジアムの命名権10年間、アメリカのゴルフトーナメントを日本に呼びましたが、これも6年契約。辞任後も継続できるのでしょうか」

松崎氏「引き継いでいくと思います。ZOZOのDNAとして残すでしょう」

中瀬ゆかり(「新潮社」出版部長)「宇宙旅行の準備で辞任するという理由は鵜呑みにはできないですよねえ。もう1回事業をしそう」